Parisienne file vol. 58 マルゴー・ドゥルーム/アーティスト 南仏らしさが薫る、アーティストのパリジェンヌの部屋。

パリに暮らす、パリジェンヌのファッションやライフスタイルを紹介する連載「パリジェンヌファイル」。今月は、アーティストとして活躍するマルゴー・ドゥルームが登場。今回は、センスのよさがにじみ出る、フィアンセと暮らすアパルトマンを紹介。

211202-margaux-09.jpg

マルゴーがフィアンセと一緒に暮しているアパルトマンは、数年前からおしゃれなカフェやおいしいレストランが続々とオープンして人気のパリ9区に位置する。白い壁でペイントされた室内は、グレーのソファやウッドのチェストなどの家具で落ち着いた雰囲気。そこに自作の絵やさまざまなオブジェを飾って、アーティスティックで温かなムードを添えているのが特徴だ。南仏出身の彫刻家、ヴァランティーヌ・シュレーゲルはマルゴーが尊敬する作家のひとり。彼女の作る美しい造形が好きで、毎日のように写真集を眺めてはインテリアのインスピレーションを得ているそう。
「アートがある暮らしは心にビジューを持つような感覚。豊かな気持ちになれることがいちばんなの」

---fadeinpager---

部屋のあちらこちらに、アートをちりばめて。

211202-margaux-10.jpg

オランダのデザインメーカーのソファには、モロッコのヴィンテージ布で作ったカラフルなクッションがアクセントに。イタリア製の照明とドライフラワーを置いたサイドテーブルはブロカントでなんと2ユーロだったそう。

---fadeinpager---

211202-margaux-11.jpg

人気のインテリアショップAMPM(アーエムペーエム)で購入したチェストの上に並ぶアートの数々。自作の花器や、1980年代の燭台、珊瑚やアンティークのうつわ、アボカドの葉などでリズミカルに。

---fadeinpager---

211202-margaux-12.jpg

本棚にはヴァランティーヌ・シュレーゲルの作品集をはじめ、お気に入りの写真集。その横には50年代の花器、上の段には両親からプレゼントされた黒いうつわ、下の段にはカナリア諸島のランサローテ島の焼き物などをディスプレイ。

●登場したショップ
AMPM www.laredoute.fr/pplp/cat-85201.aspx

Margaux DEREUME
パリ生まれ。2歳の時に父の故郷である南仏のサントロペ近郊へ家族で引っ越し、22歳まで過ごす。エクサンプロヴァンスの芸術大学ESAaixで美術史を専攻。その後ファッションスクールLISAAでデザインとパターンを学んだ。アート製作とファッションデザインを両立し、ジャックムスや&アザーストーリーズ、エーグルなどさまざまなブランドとコラボレーションを手がける人気アーティスト。@margauxdereume
Hiroko Suzuki
パリ在住のスタイリスト、ライター、ファッションコンサルタント。日本でスタイリストとしてキャリアをスタートし、渡仏。その後、長年にわたり「フィガロジャポン」をはじめ、さまざまなメディアでモードや旅などの最新情報を届ける。Instagram : @suzukichako

photography: Yusuke Kinaka, editing: Hiroko Suzuki

Share:
  • Twitter
  • Facebook
  • Pinterest

BRAND SPECIAL

Ranking

Find More Stories