Parisienne file vol. 67 マリオン・ペドラム/ギャラリーマネージャー 憧れはイネス! パリジェンヌのリアルクローズ。

パリに暮らす、パリジェンヌのファッションやライフスタイルを紹介する連載「パリジェンヌファイル」。今回はギャラリーマネージャーとして活躍する、マリオン・ペドラムが登場。

230502-Marion-mood-01.jpg

「わたしが幼い頃から、ママはいつもシャツとジーンズ、ジャケットというトラッドなスタイルを好んで着ていたの。だから気が付いたらわたしもジャケットやジーンズなどベーシックなアイテムで着回しすることが多くなっていたわ」
ギャラリー勤務という職業柄、レセプションやオープニングパーティではシンプルなドレスにジャケットを⽻織って、ドレスアップ。通勤は⾃転⾞移動なので、動きやすいパンツが主流。1970年代⾵のフレアータイプのジーンズにジャケットを合わせるスタイリングがお気に⼊り。
「⼦どもの頃からママと本で⾒ていたイネス・ドゥ・ラ・フレサンジュが憧れ。彼⼥のシンプルでラフなスタイリングこそ、パリジェンヌそのものよ!」

---fadeinpager---

70年代風がお手本、シンプルスタイリング。

230502-Marion-mood-02.jpg

スエードのブルゾンはローマのヴィンテージショップで2022年に購⼊したもの。いまいちばんお気に⼊りのブランド、クレージュのニットにセブンのフレアジーンズ、ニューバランスのスニーカーでラフ&ベーシックな着こなし。

---fadeinpager---

230502-Marion-mood-03.jpg

ニットはサンドロで5年前に購⼊。フレアスリーブがお気に⼊りで、デニムと合わせて70年代ガール⾵に。カレルのメリジェーンはミントグリーンをチョイスして、旬のパステルコーデに。

---fadeinpager---

230502-Marion-mood-04.jpg

ジャケットはママが着ていたマックスマーラを譲り受けて愛⽤。クレージュのニットにweekdayのマイクロミニ、ブーツはフレンチブランドのアン・チュイルで、モノトーンなスタイリングに。

Marion PEDRAM
パリ郊外ヌイイ⽣まれの27歳。ASSAS(パリ第2⼤学パンテオン=アサス)で法律を専攻。その後、EHESS(社会科学⾼等研究院)で美術史を学んだ。卒業後は美術専⾨誌、ジュルナル・デザールに就職し、アート系のジャーナリストに。1年前からギャラリーSuperzoomに勤務。ギャラリーマネージャーとして仕事をしている。将来は美術に限らず、ファッションやジュエリー制作などクリエイターとして活動するのが夢。
@marionpdrm_
Hiroko Suzuki
パリ在住のスタイリスト、ライター、ファッションコンサルタント。日本でスタイリストとしてキャリアをスタートし、渡仏。その後、長年にわたり「フィガロジャポン」をはじめ、さまざまなメディアでモードや旅などの最新情報を届ける。
Instagram : @suzukichako

photography: Yusuke Kinaka, editing: Hiroko Suzuki

Share:
  • Twitter
  • Facebook
  • Pinterest

BRAND SPECIAL

Ranking

Find More Stories