Parisienne file vol. 67 アンジェル・フジェロル/陶芸家兼モデル カラーコーデをマネしたい! パリジェンヌのデイリーウエア。

パリに暮らす、パリジェンヌのファッションやライフスタイルを紹介する連載「パリジェンヌファイル」。今回は陶芸家でモデルのアンジェル・フジェロルが登場。

230217-angèle-lifestyle-01.jpg

アンジェルのワードローブの90%はカラフルな服。フォレストグリーンやコバルトブルーなど、自然を感じる深みのある色合いが好みだそう。
「パリジェンヌが好むグレーやブラックなど、モノトーン系はほとんど着ないですね。色を身に付けると、それぞれのカラーパレットの発するエネルギーでハッピーな気分になるから」
普段から動きやすくてコンフォートなパンツスタイルが多いアンジェル。特にコンビネゾンやオーバーオールなど一枚でスタイルが決まるアイテムが好き。基本はベーシックなパンツで、春はコットンやデニムジャケット、夏はTシャツやメンズシャツ、秋から冬にはセーターやコートを重ね着。好きなキーアイテムは、オールシーズンを通じて着回しを楽しんでいます。

---fadeinpager---

色のパワーを享受する、パリジェンヌのデイリーウエア。

230217-angèle-lifestyle-02.jpg

フレンチブランドPolder(ポルダー)のブラウスに、ヴィンテージショップで一目惚れしたメンズのピンストライプパンツ。バッグはポルトガル旅行の時にポルトのセレクトショップで購入した思い出の品。

---fadeinpager---

230217-angèle-lifestyle-03.jpg

ヴィンテージのコンビネゾンは、レンガオレンジの色合いとコーデュロイ素材がお気に入り。バッグはPigeoncoq(ピジョンコック)というブランドのワークショップで作った自作のデザイン。

---fadeinpager---

230217-angèle-lifestyle-04.jpg

パリの蚤の市で見つけたオーバーオールは、高校生の頃から愛用。ピンクのマリンセーターとコーディネートして、ボーイズライクなスタイルが完成。リーボックで足元に抜け感を。

Angèle FOUGEIROL
陶芸家兼モデル
パリ生まれの27歳。母は日本でも人気のアーティスト、ナタリー・レテ。マレの名門デザイン学校、École Duperréでテキスタイルを4年専攻した後、2年間セラミックを学ぶ。現在は陶芸家として活動し、5年前からモデルも兼業している。
@angelefougeirol

 

Hiroko Suzuki
パリ在住のスタイリスト、ライター、ファッションコンサルタント。日本でスタイリストとしてキャリアをスタートし、渡仏。その後、長年にわたり「フィガロジャポン」をはじめ、さまざまなメディアでモードや旅などの最新情報を届ける。
Instagram : @suzukichako

photography: Ayumi Shino editing: Hiroko Suzuki

Share:
  • Twitter
  • Facebook
  • Pinterest

世界は愉快
フィガロワインクラブ
Business with Attitude
パリとバレエとオペラ座と
BRAND SPECIAL
Ranking
Find More Stories