文/栗山愛以

オフランウェイで目を引いたのは、ゆったりとしたワイドパンツ。今ならどうスタイリングするべきか学ぼう。

---fadeinpager---

堂々たるクワイエットラグジュアリー。

1200_London-str-S24-0423.jpg

ロンドンで出会ったこちらの方はクワイエットラグジュアリー的な方向。ハイウエストのパンツにシャツをきっちりインし、小物をブラウンとゴールドでまとめているのも品格アップにつながっている。アビエイターサングラスで貫禄も十分。

---fadeinpager---

ラフに着る極太シルエット。

1200_London-str-S24-1553.jpg

かなりシンプルでも気になってしまうのは、腰履きしたかなり太いパンツのシルエットに存在感があるから。気負いのないトップやフラットシューズ、バケツ型バッグがそれに呼応している。

---fadeinpager---

デザイン性のあるタイプでモードに。

1200_Paris-str-S24-3229.jpg

最後は引きずるくらいの丈とウエストからちらりとのぞく肌に思わず目がいってしまう。小物に至るまで各アイテムのデザインにパンチがあり、シックな色味でまとめていてもハッとさせられる。ワイドパンツをエレガンスとは異なる方向にもっていきたい場合の参考に。

text: Itoi Kuriyama, photography: launchmetrics

ファッションをこよなく愛するモードなライター/エディター。辛口の愛あるコメントとイラストにファンが多数。多くの雑誌やWEBで活躍中。

Share:
  • Twitter
  • Facebook
  • Pinterest

シティガイド
フィガロワインクラブ
Business with Attitude
編集部員のWish List!
BRAND SPECIAL
Ranking
Find More Stories