ミラノ、パリ・ファッション・ウィークのオフランウェイでは、パンツスーツを颯爽と着こなす人々が目立った。オフィスルックの参考にもなりそう。

リラックスインナー+品のある小物使い。

240416_Paris-str-F24-3029.jpg

パリで出会ったこちらの方は、ウエストを絞ったジャケット+ハイウエストパンツのスーツのインナーにポロニットをセレクトしてリラックスムード。アライアの横長バッグとパンプスの白をポイントカラーに、ゴールドのアクセサリーを効かせて品良くまとめている。

---fadeinpager---

大ぶりイヤリングでバランスを取る。

240416_Paris-str-F24-3031.jpg

右の方はオーバーサイズのスーツが主役。シンプルなインナーに足元はローファーでかなりメンズライクだが、大ぶりのゴールドのイヤリングがフェミニンさを演出している。パンツスーツはともすると「男装」になりがち。いつも以上にバランスに注意したい。

---fadeinpager---

変形パンツのカジュアルスーツ。

240416_Milano-str-F24-1819.jpg

最後はミラノで見かけたエディター、キャロライン・イッサ。パンツの裾が絞ってあるのでスーツといえどもややカジュアルな印象になる。インナーのスポーティなジップアップのトップをリンクさせ、赤いリップ、ネックレスの重ね付け、パンプスでフェミニン要素をやや多めにプラス。そういえば3人ともかけているサングラスがスタイリングを引き締めている。

text: Itoi Kuriyama, photography: launchmetrics

Share:
  • Twitter
  • Facebook
  • Pinterest

シティガイド
フィガロワインクラブ
Business with Attitude
編集部員のWish List!
BRAND SPECIAL
Ranking
Find More Stories