2019/20年秋冬ファッション
さり気なさを纏う、アウタースタイルの作り方。
お布団ストールと、レザーのブルゾン。

毎シーズン1名のスタイリストにスタイリングルールを教えていただく連載、スタイリストのスタイル塾。2020年秋冬シーズンは宇都宮千明さんが、3回に分けて大人のアウタースタイルを指南。初回のケープ第2回のジャケットに続き、最後はトレンド感あるストールと、カジュアルなブルゾンを紹介。

190913-style-001.jpg

ルール1.ボリュームを引き立てる。

「深く開いた首元に三日月のネックレスを着け、ジャケットとスカートでストレートのシルエットを描いたシャープな雰囲気のスタイリング。何気ない組み合わせに、お布団みたいにモコモコとしたトレンド感のあるストールを投入すると、モダンな空気が生まれます」

キルティングストール¥113,400ピンストライプコート¥211,680、スカート¥52,920/以上ドリス ヴァン ノッテン ムーンペンダント¥71,500/ソフィーブハイ(スティーブン アラン トーキョー) リング(上から)¥28,080、¥20,520/ともにオール ブルース(エドストローム オフィス) ブーツ「“ディアンドラ”ランウェイ」¥517,320/マイケル・コース コレクション (マイケル・コース カスタマーサービス)

---fadeinpager---

190911-style-13.jpg

ルール2.肌の露出を厭わない。

「スポーティでありながらも上品さを持つレザーのブルゾン。大きなフリルのブラウスとゆったり合わせたら、足元は大胆に肌を露出してみてください。バッグやシューズをクラシカルなムードでまとめれば、センシュアルな大人の装いに」

レザーのブルゾン¥864,000、バッグ¥291,600、リング¥97,200、パンプス¥115,560/以上ボッテガ・ヴェネタ (ボッテガ・ヴェネタ ジャパン) 中に着たフリルのハイネックトップ¥307,800/クロエ(クロエ カスタマーリレーションズ) レザーのショートパンツ¥273,240/トッズ(トッズ・ジャパン)

---fadeinpager---

宇都宮さんのおすすめアウターコレクション。

190911-style-14.jpg

ストールのようにも見えるが、腕を通すところもしっかりデザイン。自分らしい着こなしを楽しみたい。スカーフジャケット¥388,800/ディオール(クリスチャン ディオール) 

---fadeinpager---

190911-style-15.jpg

長毛のエコファーは、まるで動物のような愛らしさ。スタイリングの主役級の存在感。エコファーネックスカーフ¥191,160/グッチ(グッチ ジャパン) 

---fadeinpager---

190911-style-16.jpg

光沢のある肉厚のジャケットは、ベルトをアクセントにしたり、さらりと羽織ったり、ボトムスを選ばずデイリーに着こなして。ジャケット¥88,560/ナヌーシュカ(シティショップ) 

---fadeinpager---

インスピレーション源。

190911-style-17.jpg

本の一節
「生け花のことが書かれた本のなかで”どんなときも、あるべきようは”という節があります。自分が目指すスタイリングの考え方がそのまま文章になっているようで、迷った時の指針になっています」。《主役もそえ役も、水際の小さな花まで、個々に本来あるべき姿を見せつつも補い合い、草木みんながほほえむようにして全体が調和している。》(P38より一部引用)
『一本草 花が教える生きる力』珠寶著 徳間書店刊 ¥1,728

●問い合わせ先:
エドストローム オフィス(オール ブルース) tel:03-6427-5901
グッチ ジャパン クライアントサービス(グッチ) 0120-99-2177(フリーダイヤル)
クリスチャン ディオール(ディオール) 0120-02-1947(フリーダイヤル)
クロエ カスタマーリレーションズ(クロエ) tel:03-4335-1750
シティショップ(ナヌーシュカ) tel:03-6696-2332
スティーブン アラン トーキョー(ソフィーブハイ) tel:03-5428-4747
トッズ・ジャパン(トッズ) 0120-102-578(フリーダイヤル)
ドリス ヴァン ノッテン tel:03-6820-8104
ボッテガ・ヴェネタ ジャパン(ボッテガ・ヴェネタ) 0120-60-1966(フリーダイヤル)
マイケル・コース カスタマーサービス(マイケル・コース コレクション) tel:03-5772-4611

CHIAKI UTSUNOMIYA
スタイリスト飯田珠緒氏に師事。2016年に独立し、さまざまなモード誌で活躍中。シンプルかつモダンなスタイリングで、知的な魅力を引き出す。最近はイタリアのMeo Fusciuni(メオ・フシューニ)の香水がお気に入り。「嗅覚記憶から生まれる香りだそうで、なんだか詩的な香水です」Instagram:@utsunomiyachiaki サイト:http://chiakiutsunomiya.com

※この記事に掲載している商品・サービスの価格は、2019年9月時点の8%の消費税を含んだ価格です。

【関連記事】
秋のはじめに纏いたい、新顔ケープ。

仕立てのいいジャケットを、ひとつ。

photos:KENTA SAWADA, stylisme:CHIAKI UTSUNOMIYA, coiffure:HORI(BE NATURAL), maquillage:KIE KIYOHARA(BEAUTY DIRECTION)

Share:
  • Twitter
  • Facebook
  • Pinterest

BRAND SPECIAL

Ranking

Find More Stories