ソラ豆とリコッタチーズのパスタで春の軽やかさを

リコッタチーズをお土産にいただいたので、それを使ってパスタを作ることにしました。日本ワインも日本のチーズも近年めきめきおいしくなっていて、想像以上の味に驚くことがたびたびあります。日本って本当にすばらしい。

パスタは手打ちのオレキエッテなら最高ですが、今日は買い置きのフジッリで。それでも柔らかめに茹でたソラ豆のソースにリコッタをからめながらいただくと、にっこりしてしまう出来栄え。生クリームのソースと違いリコッタチーズで作ったパスタはこっくりしているのに爽やかで軽やか。この軽さが春の気分にちょうどいいように思います。白ワインを合わせて、ゆったりと春を味わって。

ソラ豆とリコッタチーズのパスタ

210323-2979.jpg

<材料 2人分>
ショートパスタ(オレキエッテ、フジッリなど)120g
ソラ豆 6さや
新玉ネギ 1/6個
パンチェッタまたはベーコン 2枚
リコッタチーズ 100g
オリーブオイル
塩、コショウ

<作り方>
⒈ ソラ豆はさやからだし、新玉ネギは薄切り、パンチェッタは1㎝幅に切る。
⒉ 湯を沸かし塩を加えてソラ豆を茹でる。薄皮をむいておく。
⒊ 2の鍋でパスタを茹でる。
⒋ フライパンにオリーブオイル大さじ1を熱し、パンチェッタ、新玉ネギを加えて炒める。しんなりとしたら、2のソラ豆とパスタの茹で汁大さじ3、水大さじ3を加えて水分が半量になり、ソラ豆が少し崩れるくらいまで煮る。
⒌ パスタが茹で上がったら、4に加え、茹で汁、オリーブオイル適量を加え混ぜ、塩、コショウで味を調える。うつわによそい、リコッタチーズをのせ、混ぜながらいただく。

21023-2975.jpg

北海道でイタリア職人が作るリコッタ。穏やかでさっぱりした味わい。

フランス料理とワインを愛する料理家。日本ソムリエ協会認定ソムリエ。2015年にフランス農事功労章を叙勲。近著に「ずっと使ってきた私のベストレシピ  平野由希子のル・クルーゼ料理」「和つまみ 呑ませる料理×合わせたいお酒」がある。instagramは@8yukiko76hirano  料理教室cuisine et vin主宰。http://www.yukikohirano.com
最近一緒に暮らし始めたという猫のクミンの様子は別のInstagramから@cumin_chatnoir

Share:
  • Twitter
  • Facebook
  • Pinterest

BRAND SPECIAL

Ranking

Find More Stories