店先に並ぶマンゴーが目を惹くようになりました。宮崎や宮古島などの国産マンゴーはなかなか贅沢な価格ですが、最近は少しお手頃なものも多くなってきたようです。初競りで2個50万円(!)の価格がついたというニュースも記憶に新しいのですが、今日は2個まとめて〇〇〇円というお買い得品を手に入れたので、おつまみを作ることに。

芳醇でトロピカルな香りをもつマンゴーはシャンパーニュやワインのペアリングにうってつけの食材。ただ切るだけでも十分なくらいなので、ほんのひと手間を加えるだけで、初夏のアペリティフにぴったりな料理になります。

そして、マンゴーは意外なことにトマトと好相性。濃厚なマンゴーの甘さにトマトの酸味を合わせると、不思議なバランスが生まれます。モッツァレラと盛り合わせて前菜にもしますが、今日はタルティーヌ。トマトと一緒にパンに乗せて焼きました。焼かなくてもよさそうなものなのですが、タルティーヌは具材を乗せて焼くと一体感が出るので、たいていの場合には、私は焼くことにしています。素材から出てくるジュとオリーブオイルが合わさり、マンゴーとトマトの親密度が増すよう。生ハムをのせたら、さあ、できあがり。

このタルティーヌ、朝食にも良さそうなのですが、どうしても泡やロゼが欲しくなってしまいます。作る時には、どうぞそのおつもりで。

---fadeinpager---

マンゴーとトマトのタルティーヌ

焼きマンゴーのタルティーヌ-01.jpg

<材料2人分>
パン(カンパーニュ、バゲットなど)のスライス 4枚
マンゴー 1/2個
ミニトマト 8個
オリーブオイル 大さじ1
生ハム 2枚

<作り方>
⒈ マンゴーは角切り、ミニトマトは半割りにしてオリーブオイルで和える。
⒉ パンに1をのせ、オーブントースターで3〜4分焼く。
⒊ オリーブオイル(分量外)を回しかけ、生ハムをちぎってのせる。好みでバジルなどを添えて。

焼きマンゴーのタルティーヌ-02.jpg

ギリシャのロゼワインとともに。心地よい味わいは初夏の昼飲みに最高。

フランス料理とワインを愛する料理家。日本ソムリエ協会認定ソムリエ。2015年にフランス農事功労章を叙勲。近著に「ずっと使ってきた私のベストレシピ  平野由希子のル・クルーゼ料理」「和つまみ 呑ませる料理×合わせたいお酒」がある。instagramは@8yukiko76hirano  料理教室cuisine et vin主宰。http://www.yukikohirano.com
最近一緒に暮らし始めたという猫のクミンの様子は別のInstagramから@cumin_chatnoir

Share:
  • Twitter
  • Facebook
  • Pinterest

BRAND SPECIAL

Ranking

Find More Stories