ニュージーランドの定番「シラストースト」。

ニュージーランドへの旅。俳優の上野樹里さんとご一緒にオークランド近郊のローカルフードを巡ってきました。素晴らしい食との出会いは数々あるのですが、忘れられない食のひとつがファーマーズマーケットの青空の下で味わった焼き立て熱々のシラストースト。「whitebait」という稚魚を使ったオムレツはニュージーランドのご馳走なのだそう。日本でなら、シラスで手軽につくれますが、NZスタイルでレモンをギュッと絞るとぐっと新鮮な印象に。

ニュージーランドでは、ワインはもちろん、クラフトジンやシードル、フェイジョアを使ったワインなども堪能してきました。詳しくは本誌、こちらのページからどうぞ。シラストーストになら、クラフトビールで決まり!ですね。

---fadeinpager---

シラストースト

240416_shirasu_1.jpg

<材料 2人分>
好みのパン 2枚
生シラス(または釜揚げシラス) 大さじ3
卵 2個
薄力粉 小さじ2
オリーブオイル、バター 各大さじ1
塩、黒胡椒
レモン

1. シラスに薄力粉をまぶす。
2. 卵を溶きほぐし、1、塩少々を加える。
3. フライパンにオリーブオイル、バターを熱し、2の半量を入れて強めの中火で両面焼く。多めの油で焼くことでこんがりとする。もう1枚同様にしてつくる。
4. パンをトーストし、3をのせて、レモンをたっぷりめに搾り、黒胡椒を挽く。

240416_shirasu_2.jpg

マタカナのファーマーズマーケット。ここならではのグルメな食材を目指して訪れる人々で賑わう。

240416_shirasu_3.jpg

NZチーズは素晴らしいクオリティ。私は保冷剤を持参して、持ち帰れるだけ購入。

240416_shirasu_4.jpg

フェイジョアでつくられるオーガニックワイン。唯一無二のチャーミングな味わい。

photography: Aya Kawachi(Farmers' Market)

フランス料理とワインを愛する料理家。日本ソムリエ協会認定ソムリエ。2015年にフランス農事功労章を叙勲。著書に『ma cuisine おいしさの引き出し方』などがある。instagramは@8yukiko76hirano  料理教室cuisine et vin主宰。http://www.yukikohirano.com
愛猫クミンの様子は別のInstagramから@cumin_chatnoir

Share:
  • Twitter
  • Facebook
  • Pinterest

世界は愉快
フィガロワインクラブ
Business with Attitude
パリとバレエとオペラ座と
BRAND SPECIAL
Ranking
Find More Stories