「謙虚さと誇りを示す」新年に公開された天皇の写真、フランスではどう報じられた?

Society & Business 2024.01.09

11日、日本の天皇陛下とそのご家族のポートレートが、日本独特の慎み深さと誇りの中で公開された。※フランス版マダムフィガロの翻訳。

00-240105-the-imperial-family-of-japan.jpg

日本の天皇陛下、皇后雅子さま、愛子さま。(日本、202411日)photography: Abaca

毎年恒例、11日、日本の皇室のポートレートが公開された。天皇陛下がご一家に囲まれ、写真撮影を行った。それぞれの写真がそれぞれのご家族を象徴するものだった。

---fadeinpager---

辰年

同じ場所、同じ位置、控えめな笑顔、同じ服装。日本の皇室の写真は、毎年あまり変わらないと言っても過言ではない。2024年最初のこの日、天皇陛下とその側近たちの公式のポートレートは、昨年撮影されたものとほとんど同じである。(代表的な)権力の継続性を象徴している。写真の一枚で、黒いスーツに白いシャツ、明るい赤紫色のネクタイを締めた天皇陛下は、手に龍を持っている。妻の皇后雅子さまと娘の愛子さま(22歳)が両脇を固めている。別の写真には天皇陛下の両親である上皇さま(90歳)と上皇后、美智子さま(89歳)が写っている。最後に、他の2枚のポートレートでは、現天皇の弟(後継者)が、妻とふたりの子どもたちを伴っている。

これらの公式なポートレートは、日本国中、特に地方自治体の役所等に飾られる運命にあるが、伝統の重さにもかかわらず、幸せそうにリラックスした家族の姿が印象的だ......日本は「光の帝国」なのか?

text: Gaspard Couderc (madame.lefigaro.fr) translation: Hanae Yamaguchi

Share:
  • Twitter
  • Facebook
  • Pinterest

世界は愉快
フィガロワインクラブ
Business with Attitude
パリとバレエとオペラ座と
BRAND SPECIAL
Ranking
Find More Stories