in NEW YORKUSA

  • STAY・HOTEL

話題のホテルは、ニューヨーカーたちの新しい社交場。

Publicパブリック〈ロウワーイーストサイド〉

シュレーガーが新たにロウワーイーストサイドにオープンしたホテルとは。

ny-201711-62-public-01.jpg

ローワーイーストに立地。ワークスペースとして使われているロビーが、夜はバーに変身。

時代を反映するエンターテインメントに富んだホテルを提案してきた、鬼才イアン・シュレーガー。スタジオ54から着想を得て、彼が新たに手がけたホテルがこちら。シアターやアートスペース、ジャン・ジョルジュによるレストラン、3つのバーが設置され、昼はワークスペースとしても機能する。世界中から人々が集う社交場として、ニューヨークの新たな顔になりそうだ。

ny-201711-62-public-02.jpg

木目調で心地よい客室。宿泊料金は意外にもリーズナブル。

INFORMATION

Publicパブリック〈ロウワーイーストサイド〉

215 Chrystie Street

212・796・8409

2 AVENUE

www.publichotels.com/

Google mapで開く

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

madame FIGARO.jpの
最新ニュースをお届けします
CREDIT

réalisation:Kanako Maeda

※掲載情報は「フィガロジャポン」2017年11月号より抜粋

この店舗について情報を編集部に送る

RELATED SHOP

  • NEW
  • WEEKLY RANKING
SEE MORE

madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。