in PARISFRANCE

  • DO・MUSEUM

画家の生涯を詰め込んだ、マルモッタン・モネ美術館。

Musée Marmottan Monetマルモッタン・モネ美術館<16区>

16区の高級住宅地に入り、ラヌラグ公園とブーローニュの森の間に位置する「マルモッタン・モネ美術館」。まるでクロード・モネが描くキャンバスの中に迷い込んだかのような、閑静で自然豊かな立地にある邸宅美術館は、館内に入る前からさっそくモネの世界観に誘い出す。

1階には期間限定の企画展コーナーとショップが、地下には常設展コーナーが設けられている。常設展に飾られるのは、半弧を描くようにして並べられた年代の異なる「睡蓮」のキャンバス。絵画に囲まれるようにして、中央に配置されたベンチに腰をかけ、モネの目が捉えた自然を表現する繊細な色使いや、筆の動かし方で生み出すなめらかな水の動きなどに、自らの感性が磨かれていく感覚を覚える。

1872年にモネが描いた「日の出」がなぜ印象派にとって重要な意味を持ちうるのか、代表作「睡蓮」のシリーズにおいて、描き方がどのように異なり、そこには彼のどんな思いが潜んでいるのか。そんな解説を聞くことができる館内ツアーに参加すれば、絵画を見る視点がまたひとつ増えて、刺激の多い体験になるはずだ。

paris-20171218-monet03.jpg
ナポレオン1世が使用していた家具が配置された、企画展会場。

paris-20171218-monet01.jpg
何種類もの「睡蓮」が展示された地下の常設展示会場。ベンチに座って、モネの繊細な感性を読み取って。

paris-20171218-monet04.jpg
ショップには、モネの絵を印刷したポストカードやアートブックのほか、文具や雑貨などが豊富に揃う。

paris-20171218-monet02.jpg
ショップの一角にはキッズコーナーが設けられ、絵本を手に真剣に読み込む子どもたちの姿も。

 

 

INFORMATION

Musée Marmottan Monetマルモッタン・モネ美術館<16区>

2, Rue Louis Boilly, 75016

01・44・96・50・33

LA MUETTE

10時~18時(火~日) ※最終入場は17時30分 休)月、5月1日、12月25日

www.marmottan.fr

Google mapで開く

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

madame FIGARO.jpの
最新ニュースをお届けします

RELATED SHOP

  • NEW
  • WEEKLY RANKING
SEE MORE

madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。