人気風水師・李家幽竹さんが厳選した、2018年の開運旅。#01

風水師・李家幽竹さん厳選、最強スポットの鹽竈神社へ。

特集

「フィガロジャポン」でもおなじみ、開運のスペシャリスト、人気風水師の李家幽竹さんによると、この7月は、2018年に1度しかない、ご利益6倍の開運月。7/7~8/6の間に自分の吉方位へ出かけると、開運旅へ6回も行った分の運気がチャージでき、さらに7/7、16、25、8/3のいずれかに出発すると、10倍もの効果が得られるスペシャルな1カ月が始まります。

そこで李家さんに聞いた、2018年の運気を強力にアップする、とっておきのパワースポットを大公開! ひとつ目のパワースポットは鹽竈神社です。あわせておすすめの宿やレストランも紹介。2018年の後半戦に向けて、運気を上げたい人は是非訪れてみて。

開運スポット 01.宮城県 鹽竈神社

人生の岐路に立ったら、
塩の神様に浄化を願って。

180607-shiogama-01.jpg

表参道にある石段に強い気が集まっている。

鹽竈神社の主神祭である鹽土老翁神(しおつちおじのかみ)は『海幸彦、山幸彦』で有名な海と塩の神様。塩とはそもそも命の流れに関わることを指し、ものごとの要、大事なポイントという意味がある。また鹽竈とは海の水を汲み、火を焚いて塩を取り出すもの。鹽土老翁神は製塩を教えた神でもあり、人生の岐路に迷った時、その糸口を見いだしてくれる神でもある。この神社は浄化作用の強い場所で、いままでの自分の悪運を流し、新しいチャンスを与えてくれる運気を持つ。表参道には202段の長い石段が続くが、この場所が強力なパワースポットなので、必ずここから境内に入ること。鳥のさえずりに耳を傾けながら登り切った境内の先には、松島湾の景色が広がる。一歩一歩階段を踏みしめながら心の垢を落とし、新しい自分に生まれ変わるきっかけをつかもう。

180607-shiogama-02.jpg

重要文化財の楼門から拝殿へ。奥には左宮と右宮、ふたつの本殿がある。

180607-shiogama-03.jpg

全国にある鹽竈神社の総本社がここ。鹽土老翁神のほかに武甕槌神(たけみかづちのかみ)、経津主神(ふつぬしのかみ)という武運、国土平定の神が二柱祀られていて、調和を保つ。

鹽竈神社 しおがまじんじゃ

宮城県塩竈市一森山1-1
tel:022-367-1611
参拝時間:5時~20時 
アクセス:JR仙石線本塩釜駅より徒歩約15分
www.shiogamajinja.jp
 

---fadeinpager---

stay 松島 一の坊

松島湾の絶景を堪能できる、
運気アップにも絶好の温泉リゾート。

180607-shiogama-04.jpg

全室オーシャンビューの客室。オーシャンビューや美しい景色を見るのは2018年のラッキーアクションに。松島湾の絶景を心ゆくまで堪能できる。

7000坪の敷地に広がる水上庭園、その先には日本三景のひとつに数えられる松島の穏やかな景色が広がる温泉リゾート。客室は全室オーシャンビューで、海からの心地よい風が吹き抜ける。地下1500mから湧く自家源泉は太古より長い年月をかけて育まれたpH8.6のアルカリ性単純温泉で、とろりとした肌触りが特徴。2つの露天風呂から眺める松島湾の景色は格別で、朝は水平線から昇るご来光を、夜は満天の星と波間に輝く月の道を眺めることができ、大自然のパノラマにうっとり。スパエリアは岩盤浴やサウナ、エステのほか広々したテラスを備えた充実の空間で、温泉との相乗効果により身体の芯からリラックスできる。

180607-shiogama-05.jpg

最上階の露天風呂からは、海と一体になったかのような開放感が。朝夕、その一瞬しか見ることのできない眺望を楽しんで。

ディナーは「料理長厨房ビュッフェ青海波」へ。広いキッチンを備えたフロアは、厨房の中にいるような感覚。その日に仕入れた新鮮な素材を、料理人が目の前で調理してくれるライブなスタイルで、松島・三陸の新鮮な海の幸、宮城の地野菜を使った洗練の料理をその日いちばんおいしい調理法で提供してくれる。またソムリエが厳選してくれるワインや地酒とのマリアージュも素晴らしく、思わず食が進みそう。翌朝は水上庭園を散策するのがおすすめ。海からの風に吹かれながら深呼吸して、よい運気をさらに取り入れてみたい。

180607-shiogama-06.jpg

炎の上がる藁・炭火焼きグリル。料理人との会話を楽しみながら出来たてのひと皿を。

180607-shiogama-07.jpg

白身魚のカルパッチョ。盛り付けもその場で行うので、作りたてを楽しめる。

180607-shiogama-08.jpg

広大な敷地には、松島湾の景色と調和した庭園が広がる。

松島 一の坊

宮城県宮城郡松島高城字浜1-4
tel:022-353-3333(予約受付センター 10時~17時)
チェックイン15時、チェックアウト11時
アクセス:JR仙台駅東口、松島駅よりホテルまで無料送迎バス(要予約)あり
www.ichinobo.com/matsushima

---fadeinpager---

eat レストラン・シェヌー

獲れたての海の幸のパワーを、
洗練のフレンチで召し上がれ。

180607-shiogama-09.jpg

塩竈浦戸産の「あたまっこ牡蠣」は、この時期ならではの旬の味わい。¥540(2個~)

世界有数の漁港、塩竈にあるレストラン・シェヌーは、三陸の鮮魚をふんだんに使った“海の幸フレンチ”の名店。シェフの赤間善久さんはブルゴーニュの「コート・ドール」やパリの「ル・デュック」など名だたる店で修業した腕の持ち主。1980年に地元の魚介を使ったレストランをオープンし、現在は息子の善太さんとともに厨房に立つ。新鮮でぷりぷりの歯ごたえの牡蠣をはじめ、ヒラメやアイナメ、ボタンエビなど獲れたての魚介をひと皿に盛り合わせた「三陸の幸サラダ“千賀の浦”」など定番の人気メニューが並ぶ。またオマールエビやカニ、魚のあらなどを煮込んで作るブイヤベースは、トマトの酸味と魚介の旨味が凝縮された逸品。ほかにも海の幸のテリーヌやアナゴとフォアグラのソテーをのせたリゾットなど、2018年のラッキーフードであるフレッシュな海鮮をフレンチの技を駆使した珠玉の料理で楽しめる。

180607-shiogama-10.jpg

こちらが開店以来、いちばん人気の前菜「三陸の幸サラダ“千賀の浦”」¥2,484

180607-shiogama-11.jpg

JR仙石線本塩釜駅から徒歩3分。神社への参拝の後にも立ち寄りやすい。黄色の壁が目印。

レストラン・シェヌー

宮城県塩竈市海岸通7-2
tel:022-365-9312
営)11時30分〜14時L.O. 17時30分〜20時L.O.
休)月、火曜(月1回)
アクセス:JR仙石線本塩釜駅から徒歩3分
www.cheznous.co.jp

【関連記事】
発表! 2018年下半期の開運旅を決める、あなたの吉方位は?

2016-rinoieyuchiku-pink.jpg
お話を伺ったのは...
風水師・李家幽竹(りのいえゆうちく)

韓国・朝鮮王朝の王族、全州李氏19代目風水師。「風水とは環境を整えて運を呼ぶ環境学」という考え方のもと、衣・食・住、行動全般にわたるさまざまな分野でアドバイスを行い、その女性らしい独自のセンスで展開する風水論をもとに、開運のスペシャリストとして多くの女性たちが支持。毎年15冊以上のベストセラー書籍を出版するなど著書も多数。出版書籍は100冊を超える。http://yuchiku.com

 

texte : JUNKO KUBODERA

LATEST ENTRIES

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。