人気風水師・李家幽竹さんが厳選した、2018年の開運旅。#05

光を集める奈良の橿原神宮が、進むべき道を明るく照らす。

特集

「フィガロジャポン」でもおなじみ、開運のスペシャリスト、人気風水師の李家幽竹さんによると、この7月は、2018年に1度しかない、ご利益6倍の開運月。7/7~8/6の間に自分の吉方位へ出かけると、開運旅へ6回も行った分の運気がチャージでき、さらに7/7、16、25、8/3のいずれかに出発すると、10倍もの効果が得られるスペシャルな1カ月が始まります。
そこで李家さんに聞いた、2018年の運気を強力にアップする、7つのパワースポットを紹介! 5回目は明るい光と輝きに満ちた、キラキラパワーの橿原神宮。
輝く未来へ進みたい人など、自分が進むべき道を示唆してくれる、導きのスポットへ。

開運スポット 05.奈良県 橿原神宮

悠久なる大和の光を全身に浴びて。

180622-kashihara-01.jpg

外拝殿から内拝殿を望む。内拝殿の前には約970坪もの外院斎庭が広がり、強いパワーを放っている。

奈良にある大和三山のひとつ、畝傍山(うねびやま)の東南の麓に鎮座する橿原神宮は、この地を政治の中心にと考えた第一代天皇・神武天皇が即位された宮址に、明治23年に創建された。檜皮葺(ひわだぶき)素木造りの本殿や神楽殿が厳かな雰囲気をたたえている。明るい光と輝きに満ちたスポットなので、輝く未来へ向かいたい人はぜひ訪れて。外拝殿の先に広がる白い玉砂利を敷き詰めた外院斎庭(げいんのゆにわ)、重厚な内拝殿が強い気を発している。

180622-kashihara-02.jpg

幣殿・内拝殿の背後には、大和三山の中で最も高い畝傍山が、なだらかな稜線を描く。

橿原神宮 かしはらじんぐう

奈良県橿原市久米町934 
tel:0744-22-3271
参拝時間:6時30分~17時 ※日の出から日没まで、季節により変動あり
アクセス:近鉄橿原線橿原神宮前駅から徒歩約10分。
www.kashiharajingu.or.jp

---fadeinpager---

stay オーベルジュ・ド・ぷれざんす 桜井

古代大和の記憶を残す、
雄大な地に立つオーベルジュ。

180622-kashihara-03.jpg

エグゼクティブスイートの客室。天井には吉野杉を使い、木の温もりあふれる空間になっている。

古代大和の中心地として歴史文化が色濃く残る桜井の地に立つ全9室のオーベルジュ。周囲には見渡すかぎりの田園風景が広がり、万葉集の世界へといざなう古道が続く。奈良県が運営する「なら食と農の魅力創造国際大学校」に併設され、ひらまつグループが運営を行うこのオーベルジュでは、奈良の伝統食材を使ったフランス料理と、吉野杉をぜいたくに使った客室での滞在を体験できる。窓の外には見渡すかぎりの田園と雄大な山並みが広がり、朝は鳥のさえずりで心地よく目覚める……。三輪山をはじめ、古代ロマンあふれる神社仏閣が点在するこの場所で、清らかな空気に包まれたい。

180622-kashihara-04.jpg

田園風景を眺めながら洗練されたフランス料理を楽しめる。

レストランでは奈良の豊かな土壌で育った朝採れの大和野菜、奈良野菜、大和芋やヤマトポーク、大和肉鶏などを中心に、和歌山や伊勢湾から取り寄せた海の幸を加えた地産地消がコンセプト。料理長が畑に足を運んで生産者とコミュニケーションをとり、奈良の土壌に適した最高の食材を吟味。フランス料理の技術を駆使して最高の一皿へと昇華する。ワインもフランスの醸造家から直接仕入れたこだわりの逸品を揃えているので、料理に合わせてソムリエに気軽に相談を。ランチとディナーは外来のゲストも利用可能(要予約)。

180622-kashihara-05.jpg

全ディナーコースに付く前菜「奈良県産野菜の田園仕立て トマトと黒オリーブのタップナード 麹味噌風味」。奈良県内で収穫されたばかりの野菜を20種以上、丸太の皿に彩りよく盛り付けられた人気の看板料理。

180622-kashihara-06.jpg

「大和牛ロースのグリエ 菊芋のピューレ トリュフの香るソース」。大和牛を使った料理は¥12,960以上のコースで提供。

オーベルジュ・ド・ぷれざんす 桜井

奈良県桜井市高家2217
tel:0744-49-0880
チェックイン15時、チェックアウト11時
休)月(祝日の場合は翌日)
※レストランは月曜のランチ、ディナー、火曜のランチが休業
アクセス:近鉄・JR桜井駅から車で約10分。または近鉄橿原神宮前駅から車で約15分
www.hiramatsuhotels.com/plaisance-sakurai

---fadeinpager---

eat Tama

しっとりとした町屋でいただく地産のフレンチ。

180622-kashihara-07.jpg

天井の梁や柱を生かした風情のある空間で、奈良の美味を味わえる。

古きよき町屋が残る今井町は、かつて商人の町として栄えた場所で、重要伝統的建造物群保存地域にも指定されている風情あるエリア。Tamaは築150年の町屋を改装した瀟洒なフレンチレストランだ。格子戸を開けると奥は全面ガラス張りになっていて、庭を眺めながら落ち着いた雰囲気でコース料理を楽しめる。奈良の食材をメインに、バターやクリームを控えめにした調理法は、素材の味を生かした軽やかな仕上がり。五條産の有機野菜やジビエなど、東京ではお目にかかれない食材が季節に合わせて登場する。これから夏にかけては花ズッキーニやナス、種類豊富なうり類など彩り豊かな夏野菜が目白押しだ。ランチは3品の料理とデザートがついた3,000円のコース、ディナーは5品とデザートがついた5,000円のコースがメイン。しっとり落ち着いた雰囲気で、土地のパワーをいただきたい。

180622-kashihara-08.jpg

カリフラワー、空豆、アスパラ、豆のつると花、ブロッコリーに、うすいえんどうとウイキョウのソースを添えて(¥5,000のコースより)。

180622-kashihara-09.jpg

ビーツ、ニンジン、コンテチーズ、オリーブのクランブル、ナスタチウムをひと皿に盛った「奈良五條なないろ畑の根菜」(¥5,000のコースより)。

Tama

奈良県橿原市今井町4-5-14
tel:0744-24-8868
営)12時〜15時 18時〜22時
休)水
アクセス:近鉄橿原線八木西口駅から徒歩約7分
www.imaicho-tama.com/access/index.html

【関連記事】
#01 風水師・李家幽竹さん厳選、最強スポットの鹽竈神社へ。
#02 秩父山系の懐に建つ三峯神社が、目標達成をサポート。
#03 大きな空が広がる箱根元宮で、未来を輝かせて。
#04 天界のような生気が流れる、パワフルな神倉神社。
発表! 2018年下半期の開運旅を決める、あなたの吉方位は?

2016-rinoieyuchiku-pink.jpg
お話を伺ったのは...
風水師・李家幽竹(りのいえゆうちく)

韓国・朝鮮王朝の王族、全州李氏19代目風水師。「風水とは環境を整えて運を呼ぶ環境学」という考え方のもと、衣・食・住、行動全般にわたるさまざまな分野でアドバイスを行い、その女性らしい独自のセンスで展開する風水論をもとに、開運のスペシャリストとして多くの女性たちが支持。毎年15冊以上のベストセラー書籍を出版するなど著書も多数。出版書籍は100冊を超える。http://yuchiku.com

 

texte : JUNKO KUBODERA

RELATED CONTENTS

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。