質の悪い睡眠が肌に及ぼす影響とは?

Beauty 2017.07.27

睡眠は、身体を健康に保ち、体調を整える重要な要素。では睡眠不足が、とりわけ肌に及ぼす影響とは?

170726-sleep-01.jpg

朝、肌の調子が悪い? photo : iStock

熟睡した翌朝の、スッキリした健康的な顔とは真逆に、寝不足の朝は、なんだか冴えない顔をしている……と感じることはよくあるもの。その主な原因は、シワ、吹き出物、肌のくすみ。そこで今回、睡眠不足がもたらす肌への影響を考察すべく、皮膚科医の専門家たちに、肌の修復プロセスを詳しく解説してもらいました。

【関連記事】苦手な同僚との付き合うための、フランス人的対処法。
      なぜいつも疲れているのか? 見直すべき10の習慣。
      眠れない時の効果的な対処法を知っていますか?

肌の時間生物学

「睡眠は、健康を維持するだけでなく、身体の各器官を日常的なストレスから解放し、肌の修復においても非常に大きな役割を果たします」と、アメリカのウィスコンシン・スクール・オブ・メディスン・アンド・パブリック・ヘルス大学の皮膚科学の教授で、肌トラブルと睡眠の専門家であるラダン・モスタギミ氏は言います。また就寝中の睡眠のメカニズムと、肌の生理的な変化の関係を、次のように説明します。「眠っている間、体内では肌に潤いを与えるコラーゲンが活発に生成され、血流がよくなります。また寝ている時と、起きている時では、肌の温度や浸透性、水素イオン指数、皮膚の水分量が異なります。そのため、睡眠をたくさん取り、血液の循環を促すことで、朝の肌の発色が明るくなります」

実際皮膚は、朝と夜とでは、本来備わっている機能が異なるのです。「日中は、汚染された空気や日差し、また微粒子の侵入を防ぐためのバリアを張る機能があります。そして夜になると、細胞の増殖が盛んになるため、今度は修復機能を発揮します。特に夜中と午前4時の間が最も重要な修復の時間帯です」と、皮膚科医のローランス・ネテル氏は解説します。

>>睡眠不足は、老化を促進させる!?

---page---

美は睡眠から

では、睡眠を十分取らないと、どうなるのでしょう? 「睡眠不足は、身体に生理的かつ物理的な影響を及ぼします。起きた時に、疲れ気味になり、体調もイマイチ、肌は乾燥して小さな吹き出物ができ、顔色もくすみ、目の周りのくまも目立つようになります。さらに、睡眠時間が短い人は、肌の免疫力が低下し、傷跡や日焼けをした後の皮膚の回復力が弱まります」と、ラダン氏。一方で、「しっかりと睡眠を取れば、より健康的な顔色に輝きのある目を取り戻し、髪には艶が出て、また吹き出物も減り、肌も乾燥しにくくなります」

“睡眠不足は、老化を促進させる”

皮膚科医のカトリーヌ・ゴシェ氏によると、睡眠不足によって引き起こされる肌のくすみは、同時に老化の促進につながります。そのため、老化の影響を軽減するには、基本的に健康的な生活を送り、「ストレスによって眠れない時は、まず食事でのコーヒ―や紅茶などの興奮物質の摂取をやめることです(個人差はありますが、特に14時以降)。そして次に、睡眠を妨げている要因は何かを考え、控えるようにします。たとえば、夜のテレビ鑑賞、音楽やおしゃべり、読書など……自分にとって最適な睡眠の環境を整えることが大事です」

またローランス氏も同様な見解を示し、彼女が提唱する美容習慣を取り入れることで、肌の老化を遅らせることができると言います。「睡眠時間を侮ってはいけません。また、メイクは寝る前にしっかり落としましょう。そして特に忘れてはならないのが、美容クリームを塗ることです。日中は肌を守るためのクリームを塗り、夜は細胞の増殖と修復機能を最大限に活かしてくれるクリームを塗りましょう」。シンプルな心がけひとつで、きっと肌も感謝してくれるはず!

【関連記事】午後の仕事を乗りきるための8つの秘策。
      目の下の「くま」と「たるみ」に終止符宣言!
      人間関係に振り回されず、心を平静に保つ秘訣。

texte : Marita Itela (madame.lefigaro.fr), traduction : Sawako Yoshida

Share:
  • Twitter
  • Facebook
  • Pinterest

世界は愉快
フィガロワインクラブ
Business with Attitude
パリとバレエとオペラ座と
BRAND SPECIAL
Ranking
Find More Stories