春のとことんデトックス計画 デトックス野菜クレソンを使ったおにぎりで、朝ごはん。

Beauty 2019.04.15

毒出しの季節といわれる春。薬膳の知恵を活用して、冬の間にため込んだ老廃物や体内の余分な熱を排出し、すっきり整えよう。
薬膳料理研究家・谷口ももよが、デトックス作用の高い野菜を使ったレシピを教えます。今回は、クレソンにフォーカス!

クレソン
βカロテンたっぷり、カルシウムやカリウムなどのミネラル分も豊富に含むクレソンは、身体の熱を冷まし、血をきれいにして全身に巡らせてくれるデトックス野菜。むくみ解消、肌荒れやシミ予防にも効果的で、美容のためにもぜひ摂りたい食材です!

190319_detox_01_01.jpg

クレソンおにぎりと根菜味噌汁
洋食の付け合わせやサラダに使われるイメージが強いクレソン。醤油と合わせることで苦味がやわらぎ、和のメニューにもなじむ風合いに。香りや食感を生かすため、調理時にはさっと炒めるのがコツ。根菜ゴロゴロで食べごたえある味噌汁と一緒に召し上がれ。

【材料 2人分】
<クレソンおにぎり>
ご飯 2杯分
クレソン 1束
ブロッコリーの芽 少量
オリーブオイル 小さじ1
醤油 小さじ1
卵 1個
塩 少々

<根菜味噌汁>
味噌 大さじ2.5
出汁 400cc
ゴボウ 1/4本
大根 1/8本
ニンジン 1/2本

【作り方】

  1. 卵は攪拌し、塩少々を入れ、炒り卵を作る。
  2. クレソンを1cm程度の長さに刻む。フライパンでオリーブオイルを熱し、さっと炒り、醤油で味付けする。
  3. 炊いたごはんに1&2を混ぜ合わせて俵型に握り、ブロッコリーの芽を飾る。
  4. 根菜を1cmの角切りにし、出汁に入れて5分ほど煮る。根菜が柔らかくなったら、味噌を溶き入れ完成。

【薬膳的ワンポイントアドバイス】
お米1合に対して大さじ1杯のハトムギを混ぜると、利尿作用もアップ。

薬膳料理研究家
谷口ももよ Momoyo Taniguchi

東洋美食薬膳協会主宰。料理教室やセミナー、雑誌、テレビ等で、旬の食材を使用した簡単でおいしい薬膳レシピを提案。また「食育薬膳」を提唱し、子どもをとりまく食文化を豊かに広げる活動にも取り組んでいる。近著に『お豆腐×お野菜でつくる美人薬膳ごはん』(キラジェンヌ刊)がある。
www.yakuzen-salon.com

【関連リンク】
ランチタイムに、春菊とアサリのジェノベーゼでデトックス。
夕食にもう一品、セロリの水餃子でデトックス。

特集TOPへ戻る

photo : TETSUO KITAGAWA

Share:
  • Twitter
  • Facebook
  • Pinterest

BRAND SPECIAL

Ranking

Find More Stories