最果タヒのことばを、見て、感じる空間へ。

フィガロジャポンのボーテスターである詩人、最果タヒさん。フィガロジャポン11月号では、「美しさが棲まう場所」をテーマに、3つの詩とふたつの日記を書き下ろしてくれました。意識していなかった自分の身体の一部が、なんとも愛おしくなる、美しいことばに震えます。

最果さんは、8月から始まった太田市美術館・図書館の『ことばをながめる、ことばとあるく 詩と歌のある風景』という展覧会に出品されていて、ページを担当した編集SK、いまさらながらやっと観に行くことができました。

 

181009-new-IMG_1292.jpg

ゆるやかなスロープが特徴的な建物に、美術館と図書館が融合。テラスも気持ちがいい。建築としても一見の価値あり。

181009-IMG_1290.jpg

1階が詩×グラフィックの展示。2階で詩×絵画、3階は短歌×イラストレーションと続く。

新刊『天国と、とてつもない暇』(小学館刊)のブックデザインも手がける佐々木俊と、祖父江慎、服部一成の3氏によるグラフィックデザインで、最果さんの詩がさまざまなフォントで、形で、壁に印字されたり標識にデザインされたり、オブジェに閉じ込められたりしていました。

181009-IMG_1276.jpg181009-IMG_1275.jpg

壁は祖父江慎、看板は佐々木俊によるグラフィック。同じ「プリズム」の詩が何か違うもののように感じる不思議。

181009-new-IMG_1284.jpg

壁全面に描かれた文字、丸められた紙屑、カラフルな看板と、空間そのものがひとつのアート作品のよう。

最果さんの本も、文字を縦組み横組み、フォントを変えて、行間を変えてと、視覚的にも読ませるデザインが仕掛けられているけれど、この展示では、ことばを身体で受け取るような感覚で、読んだことのある詩も違う力を持って迫ってくるよう。これはその場に行かないとわからない体験。会期は残り2週間もないのですが、ぜひ足を運んでみてください。

『ことばをながめる、ことばとあるく 詩と歌のある風景』
期間:~2018/10/21
会場:太田市美術館・図書館(群馬県太田市東本町16-30)
開)10:00~18:00
休)月
入場料金:一般¥500
www.artmuseumlibraryota.jp

編集KIM

美容編集者歴約23年。大好きなスキューバは休みが取れず断念中、週末ジムで太極拳、ピラティス、水泳に励む。盛りに盛ったデイリースキンケアでは通年美白と防御ケア重視。最近、香りの好みにも少し変化あり。アラフィフの現在、更年期の症状を和らげるサプリメントをいろいろ試しています!

編集SK

1971年千葉県生まれ。白百合女子大学文学部英文学科卒。98年よりフィガロ編集部。海外の香水や化粧品が身近にある環境で育ち、小学生で口紅、香水、巻き髪デビュー。すくすくとコスメオタクに育ち、美容編集者となる。スキンケアはシンプルかつベーシック、メークはトレンド少々、ボディは触り心地、ヘアはボリューム、が私的美容テーマ。

編集TI

30代前半、フィガロ.jpの美容コンテンツ担当。基本的にメークはナチュラル、手持ちコスメはオーガニック系が多いが、パワーコスメにも興味しんしん。20代の終わり頃から低体温を克服すべく、1年を通して「温活」実践中! 現在は週1ペースで行うヨガと、定期的に通うマッサージで、内&外の両側から疲れを溜めないボディを心がけている。

ARCHIVE

MONTHLY

RELATED CONTENTS

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madameFIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。