死海の恵みを肌で味わう、アトリエサボンのスパ。

昨年のはじめ、中目黒にオープンしたアトリエサボン。
まるで誰かの家に招かれたような雰囲気のインテリアで、店内にリビング、テラス、キッチン、バスルームもあり、シーンをイメージしながらアイテムを選べるのが魅力のショップです。

そんなアトリエサボンで、この2月からスパメニューが始まりました。
サボンの人気シリーズ「デッドシースパ」を使ったフット&フェイスケアで、製品のパワーを余すところなく堪能できるとのこと。
私、編集TIがさっそく体験してきました。

190323_bb_01.jpg

広々としたバスルームスペースを貸切にして行われるスパ。ラグジュアリー気分が高まります。

スパは、ローズのバスソルトを入れたフットバスから始まります。
バラの花びら入りのソルトは、お湯に入れるとふわっと香り立ち、それだけで優雅な気分に!
そして足が温まるまでの時間、顔に「デッドシー 3in1 フェイシャル マッド スクラブ マスク」を塗布していきます。
まったりとしたテクスチャーの黒い泥マスク。肌を覆うと、少しぴりぴりと刺激を感じますが、これはマスクに含まれるミネラル分が肌に入りこもうとしているサインなのだそう。

190323_bb_02.jpg

死海由来の美容成分たっぷり、デッドシー 3in1 フェイシャル マッド スクラブ マスク。

続いては、ボディスクラブでひざ下のケア。
死海の塩スクラブ&死海沿岸植物のオイルによる潤い効果で、不要な角質を落としながらハリ肌を叶えてくれます。

190323_bb_03.jpg

ちょうどよい肌あたりで、力を加えずとも心地よくマッサージできるスクラブ。気持ちよくてクセになりそう。

フットバスでのケアが終わったところで、顔のマスクを洗い流します。
マスクを落として頬に手が触れた瞬間……想像以上のふんわり感に「これが私の肌?」と驚いたほど(笑)。
たった10分ほどで、こんなに肌がふっくらと変化するなんて、死海のミネラルパワーすごし!!!
(しかも洗顔後はクリームを塗って整えるだけで、しっとり感が一日中続きました!)

そして、仕上げはボディオイルを使ったひざ下のトリートメント。
むくみや滞りにアプローチするセラピストの絶妙なタッチで、うっとり至福のひとときを過ごせます。
トリートメント後の脚には、ハイライトを施したかのような自然なツヤが出現‼

スパメニューで使用するプロダクトはすべてアトリエサボンで購入が可能で、自宅でもケアを続ければ、このツヤ脚をキープできるそう。
肌見せの季節がやってくる前に、ちゃんとセルフケアに取り組もう……と心に誓う編集TIでした。

スパは5月まですでに予約が埋まっているそうなのですが、6月分の予約受付は4月1日からスタート。詳しい受付方法はサイトをご覧ください。

アトリエサボンスパ
90分(※カウンセリングや着替えの時間など30分を含む) ¥10,000
予約はオンラインにて受付。
https://sabon.resv.jp/

●問い合わせ先:
SABON Japan カスタマーサービスセンター
0120-380-688(フリーダイヤル)

 

編集KIM

美容編集者歴約23年。大好きなスキューバは休みが取れず断念中、週末ジムで太極拳、ピラティス、水泳に励む。盛りに盛ったデイリースキンケアでは通年美白と防御ケア重視。最近、香りの好みにも少し変化あり。アラフィフの現在、更年期の症状を和らげるサプリメントをいろいろ試しています!

編集SK

1971年千葉県生まれ。白百合女子大学文学部英文学科卒。98年よりフィガロ編集部。海外の香水や化粧品が身近にある環境で育ち、小学生で口紅、香水、巻き髪デビュー。すくすくとコスメオタクに育ち、美容編集者となる。スキンケアはシンプルかつベーシック、メークはトレンド少々、ボディは触り心地、ヘアはボリューム、が私的美容テーマ。

編集TI

30代前半、フィガロ.jpの美容コンテンツ担当。基本的にメークはナチュラル、手持ちコスメはオーガニック系が多いが、パワーコスメにも興味しんしん。20代の終わり頃から低体温を克服すべく、1年を通して「温活」実践中! 現在は週1ペースで行うヨガと、定期的に通うマッサージで、内&外の両側から疲れを溜めないボディを心がけている。

ARCHIVE

MONTHLY

RELATED CONTENTS

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。