ヘルシーランチがとれる、水道橋の隠れ家カフェ。

おいしいものを食べるのは好きだけど、胃腸があまり強くないので消化に時間がかかる……という悩みを抱える編集TIです。外出先でランチをとる機会も多いので「野菜多めで満足感が得られること」を条件に探すのですが、なかなかフィットするお店が見つからず、ランチ難民になることも。

そんな私にとって最近ヒットだったお店、それが水道橋の「ギンサイ キッチン」。デトックス特集でも紹介した「グローバルキャビン東京水道橋」に併設されたカフェで、チョップドサラダを中心とした、新鮮野菜を生かしたメニューが特徴です。

190628_bb_02.jpg

私は6月限定の「スモークサーモンとアボカド ~わさびクリームドレッシング~」セット(¥900)を選択。先日とあるアイクリームの発表会で、サーモンに含まれるアスタキサンチンが目に良いという話を聞いたばかりなので、こちらを選んでみました。スモークサーモンのほか、アボカド、レタス、キャベツ、ズッキーニ、タマネギ、ホワイトアスパラ、ミニトマト、キュウリ、オリーブ、レモン……さまざまな野菜が食べやすくカットされ、ボリュームたっぷりなのに重くない。セットのスープも、野菜を煮込んだ複雑な旨味がじんわり。

190628_bb_01.jpg

こちらは人気メニュー、シグネチャーサラダの「スモーキー」(¥900)。燻製で香りづけされた卵とハーブチキンのグリルに、トマト、キノコ、タマネギ、ホウレンソウ、レタスとボリュームたっぷりの野菜。パルミジャーノチーズとスモークされたシーザードレッシングで味付け。タンパク質を摂取したい時にいいですね。

サラダのみならず、メニューはカレーやリゾット、グラタン、パスタなど多彩。季節替わりのラインナップも充実しています。どの料理にも野菜がふんだんに使われていますが、さらにビタミンチャージしたい時におすすめなのが、特製の「ふかうら雪人参とりんごのスムージー」。

190628_bb_03.jpg

世界遺産・白神山地のふもとで育ったニンジンを、そのまま土の中で眠らせ糖度を上げ、雪が積もり始める12〜3月までの間に手作業で収穫。100%リンゴジュースとミックスし、さらりと飲みやすくフルーティに仕上げた一杯。¥350

そして近隣のオフィスで働く人にうれしい、テイクアウト用のランチボックスも用意されています。

190628_bb_04.jpg

夏の週替わりメニュー(各¥600)より。左:ヘルシーな大豆ミートを使ったタコライスは、チーズソースがアクセント。右:蒸し鶏をとズッキーニを黒酢で和え、梅干しをアクセントに。いずれもライスボウル風になっていて、ご飯にはもち麦入り!

サラダには1日に必要な350gの野菜が使われ、食べ応えもしっかり。だけどヘビーさはないので、食後も軽快に仕事に向き合えます。営業時間が短いこともあって、知る人ぞ知るといった存在のカフェなのですが、価格も手頃だし、近所にあったらリピーターになりそう。ヘルシーランチをとりたい人、野菜不足を感じている人は、ぜひチェックしてみてください!

ギンサイ キッチン 水道橋
東京都文京区後楽1丁目2-2
営)モーニング7時~9時30分(L.O.9時) ランチ11時30分~14時(L.O.13時30分)※モーニングは年中無休、ランチは土日祝休
tel:03-3816-5489

 

編集KIM

美容編集者歴約23年。大好きなスキューバは休みが取れず断念中、週末ジムで太極拳、ピラティス、水泳に励む。盛りに盛ったデイリースキンケアでは通年美白と防御ケア重視。最近、香りの好みにも少し変化あり。アラフィフの現在、更年期の症状を和らげるサプリメントをいろいろ試しています!

編集SK

1971年千葉県生まれ。白百合女子大学文学部英文学科卒。98年よりフィガロ編集部。海外の香水や化粧品が身近にある環境で育ち、小学生で口紅、香水、巻き髪デビュー。すくすくとコスメオタクに育ち、美容編集者となる。スキンケアはシンプルかつベーシック、メークはトレンド少々、ボディは触り心地、ヘアはボリューム、が私的美容テーマ。

編集TI

30代前半、フィガロ.jpの美容コンテンツ担当。基本的にメークはナチュラル、手持ちコスメはオーガニック系が多いが、パワーコスメにも興味しんしん。20代の終わり頃から低体温を克服すべく、1年を通して「温活」実践中! 現在は週1ペースで行うヨガと、定期的に通うマッサージで、内&外の両側から疲れを溜めないボディを心がけている。

ARCHIVE

MONTHLY

RELATED CONTENTS

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。