朝、気持ちをオンにするもの。

最新号、フィガロジャポン10月号では、「オンオフ、スイッチ美容。」を特集しています。リモートワークが増えて、オンとオフの切り替えが難しいと思うのは編集SKも同じ。まずは窓辺にワークスペースを確保して、光の変化がわかるようにしました。ああ、夕暮れだな、と思うとパソコンを閉じてキッチンに行く。
しかし、朝起きてから「さあ仕事するぞ」と家で思うのってホントに難しい。そもそも朝が苦手なのでいまだに一苦労。この夏、朝の気分をオンにしてくれていたのは、このふたつのコスメだったかも。

200903-IMG_1291-2.jpg

ルミエル コンプレクス ボタニカルウォーター コンセントレ 120ml ¥5,500/インフィオレ

この化粧水、ひんやりとした水のような感触で肌がシャキッとして毛穴もキュッと引き締まる。すーっとしたハーブの香りもすがすがしい。顔を洗ってこの青いボトルを手に取ってつけると、目が覚める気がする。植物成分によるブライトニング効果もあるので、夏にぴったり。

200903-IMG_1315-2.jpg

エレメンタリー フェイスケアパウダー Ouju 11g ¥9,680/イトリン

ツヤ肌トレンドは続くけれど、オンライン画面は妙にテカるのでややマットくらいの肌がベター。それには「お粉」が活躍。スキンケア成分をフリーズドライしてパウダーにしたイトリンは、ファンデを塗りたくはない、この家にいるようないないようなシーンにありがたい存在。3種あるうちのOujuは、肌の黄ぐすみや環境ストレスに対応する植物成分を配合しているので、紫外線が気になる季節にこれまたぴったり。私はうっすら肌色が整うジョンマスのUVにこれを重ねるのが定番。
パフで肌にのせた時、ふわっと植物の香りがするのもまた気持ちがいい。外に出かける時も、マスク必須のいまは蒸れるから、このパウダーで少し抑えておくと、ヨレも肌荒れも防げてちょうどいいのです。

肌につける行為と感触と香りで、気持ちがオンになる。化粧品はスイッチの切り替えにもなってくれるものなのだなあと、編集しながら、自分でも試しながら感じていました。
これまで無意識にやっていたルーティンを、自分のオンオフになる香りや行動って?と意識してやってみることで、生活がしやすくなるかもしれません。誌面と合わせてぜひお試しを。

インフィオレ
https://infiore.tokyo

イトリン
www.itrimbeauty.com

 

編集KIM

美容編集者歴約23年。大好きなスキューバは休みが取れず断念中、週末ジムで太極拳、ピラティス、水泳に励む。盛りに盛ったデイリースキンケアでは通年美白と防御ケア重視。最近、香りの好みにも少し変化あり。アラフィフの現在、更年期の症状を和らげるサプリメントをいろいろ試しています!

編集SK

1971年千葉県生まれ。白百合女子大学文学部英文学科卒。98年よりフィガロ編集部。海外の香水や化粧品が身近にある環境で育ち、小学生で口紅、香水、巻き髪デビュー。すくすくとコスメオタクに育ち、美容編集者となる。スキンケアはシンプルかつベーシック、メークはトレンド少々、ボディは触り心地、ヘアはボリューム、が私的美容テーマ。

編集TI

30代前半、フィガロ.jpの美容コンテンツ担当。基本的にメークはナチュラル、手持ちコスメはオーガニック系が多いが、パワーコスメにも興味しんしん。20代の終わり頃から低体温を克服すべく、1年を通して「温活」実践中! 現在は週1ペースで行うヨガと、定期的に通うマッサージで、内&外の両側から疲れを溜めないボディを心がけている。

ARCHIVE

MONTHLY

RELATED CONTENTS

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madameFIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。