森山未來・土屋太凰主演、手塚治虫作品が再び舞台に!

Culture 2017.12.28

ロボットたちによる愛と憎しみの黙示録。

『プルートゥ PLUTO』

171228-theatre-01.jpg

森山アトムがまた見られる! 土屋太鳳は今回が初舞台に。幼少時からダンスを習っていたという彼女と森山とのパフォーマンス競演も楽しみ。

手塚治虫へのオマージュを込めて生み出された浦沢直樹、長崎尚志の漫画『PLUTO』を、日本文化と手塚への造詣も深い天才振付家シディ・ラルビ・シェルカウイの演出・振り付けで舞台化。2015年の傑作が生まれ変わる。絶賛されたアトム役の森山未來に加え、初舞台となる土屋太鳳が参加。ダンスや音楽、パペットなどを駆使して作り上げられた斬新な世界が、新キャストとともに進化する。

『プルートゥ PLUTO』
Bunkamuraシアターコクーン(東京・渋谷)
日程:2018/1/6〜28
全席指定 S席¥11,000、A席¥8,500、コクーンシート¥6,000

●問い合わせ先:Bunkamura
tel:03-3477-3244
※3/9〜14大阪にて公演あり。2月には欧州ツアーも。
www.bunkamura.co.jp

【関連記事】
ソウルまで、iKONのJAYに会ってきました!
美意識に魅せられる、トム・フォード監督最新作。『ノクターナル・アニマルズ』

*「フィガロジャポン」2018年2月号より抜粋

réalisation : KAORI SHINDO

Share:
  • Twitter
  • Facebook
  • Pinterest

BRAND SPECIAL

Ranking

Find More Stories