ダンサー康本雅子が手がける5年ぶりの新作が横浜へ!

Culture 2018.01.18

一青窈やMr.Childrenなどミュージシャンのプロモーションビデオ振付をはじめ、音楽や演劇、映画、ファッションなどジャンルを超えて活躍するダンサー、康本雅子。子育て期間を経て2017年10月、5年ぶりの新作『子ら子ら』を京都で上演した。この作品が2月に横浜にやってくる。

180119_masako_yasumoto_01.jpg

『子ら子ら』メインビジュアル。康本雅子(左)と共演の小倉笑(右)。

この作品のテーマはまさに“子育て”という。

今回、初めて子育てをテ-マにしたので、渦中の身としては否がおうにも私小説みたいな内容になりました。子供が育つにつれ色々な感覚にも慣れてしまうし、子供への愛情の種類も変わっていくので、今だけの感覚を改めて確認したような作業は楽しくも辛くもありました。


康本がこう語るように、子育てを体験した人もしていない人も、「今だけの感覚」に身を委ねて楽しむことのできる公演になりそう。京都での公演を経て、横浜に向けてかなり作り替えているというので楽しみだ。

最近は子どものためのダンスワークショップもライフワークとして行なっている康本雅子。子どもたちの感覚に触れ、表現者として進化する彼女の舞台を観に、ぜひ足を運んでみて。

『子ら子ら』
YCC ヨコハマ創造都市センター
神奈川県横浜市中区本町6-50-1
日程:2018/2/8〜11
全席自由 ¥3,000(前売)¥3,500(当日)
チケット予約:peatix
http://yasumotomasako.net/np-ticket.html


●問い合わせ先:
info@yasumotomasako.net

【関連記事】
近松の心中物語を宮沢りえ、堤真一が演じる注目の舞台。
パリ・オペラ座の劇的瞬間をとらえたドキュメンタリー。

Share:
  • Twitter
  • Facebook
  • Pinterest

BRAND SPECIAL

Ranking

Find More Stories