世界が注目する、時代に見出されたシンガーたち。

Culture 2021.03.08

時代の節目を表現する、USインディーの救世主。

『リトル・オブリヴィオンズ』/ジュリアン・ベイカー

210224-litle.jpg

ビート ¥2,420

昨年に誰もが感じたのは、さまざまな喪失と絶望、価値観の変化。当たり前のようにライブを行っていたアーティストは身動きが取れなくなり、彼らが生み出す楽曲も大きく路線変更を強いられることになった。そんななかで注目されたのが、メッセージ性の強いインディー系のシンガーソングライターたち。ジュリアン・ベイカーはその筆頭だ。薬物依存や同性愛といったヘビーなテーマを歌い続けてきたが、コロナ禍を通してさらに言葉の重みが増した。また、歌うだけでなくほぼひとりで楽器を演奏した意欲作でもある。

ひとりといってもエフェクトされたギターやシンセサイザーを駆使したサウンドはバンド風で、哲学的な歌詞を歌い綴る声の魅力に引き込まれる。フィービー・ブリジャーズなどが参加した楽曲もあり、じっくりと対峙して孤高の凄みを味わいたい傑作だ。

---fadeinpager---

数々のアワードに輝く、実力派のニューカマー。

『ノット・ユア・ミューズ』/セレステ

210224-not.jpg

ユニバーサル ¥2,750

彼女は間違いなく2020年代の顔になるのでは? ビリー・アイリッシュなど多くのミュージシャンからも絶賛される繊細な歌声を持つ、期待の新人による初のアルバム。エイミー・ワインハウスを思わせるソウルチューンから内省的で深淵なバラードまでを歌いこなす力量に圧倒される。ファッションアイコンとしても注目されており、その動向から目が離せない。

---fadeinpager---

スタイリッシュな響きのイタリアンソウル。

『ブリング・イット・オン』/ロベルタ・ジェンティーレ

210224-bulling.jpg

Pヴァイン ¥2,640

かつて音楽シーンを席巻したインコグニートの中心人物であり、いまもプロデューサーとして第一線で活躍するブルーイが見初めた、イタリアの歌姫。可憐なルックスを軽く裏切るハスキーで力強い歌声と、ゴージャスなオーケストレーションを施したジャジーでソウルフルなトラックが見事に響き合う。シティポップのブームに続くのはアシッドジャズなのかもしれない。

*「フィガロジャポン」2021年4月号より抜粋

réalisation : HITOSHI KURIMOTO

Share:
  • Twitter
  • Facebook
  • Pinterest

BRAND SPECIAL

Ranking

Find More Stories