2021年 第74回カンヌ国際映画祭 シャロン・ストーン、長男とチャリティ・ガラに登場!

Culture 2021.07.17

7月16日、カンヌ映画祭の中でも最も人気のあるイベントのひとつが、キャップ・ダンティーブのヴィラ・エランロックで開かれた。HIV/AIDS撲滅のためのイベントで、シャロン・ストーンが息子のローアン・ジョセフ・ブロンシュテイン・ストーンと一緒にポーズを取った。

【写真】最高にグラマラス!大物集うamfARガラ。

sharon-stone-et-roan-joseph-bronstein-stone.jpeg

シャロン・ストーンとローアン・ジョセフ・ブロンシュテイン・ストーンがamfARガラで一緒にポーズ。(カンヌ、2021年7月16日)  photo : Getty Images

7月14日『The Story of My Wife』の上映に合わせて、カンヌ映画祭の大階段にサプライズ登場したシャロン・ストーンは、この映画祭で最も人気のあるイベントの一つであるamfARチャリティ・ガラのホストを務めた。

このガラは米国エイズ研究財団(amfAR)が毎年主催しているもので、今年は7月16日、キャップ・ダンティーブのヴィラ・エランロックで開かれた。

63歳のシャロンは、21歳の長男ローアン・ジョセフ・ブロンシュテイン・ストーンを伴ってイベントに登場。2000年にテキサス州で生まれたローアンは、同年、シャロンと元パートナーでジャーナリストのフィル・ブロンシュテインの養子となった。

シャロン・ストーンは、もう1人の男の子クイン・ケリーを養子に迎え、さらに代理母出産で末っ子のライアード・ヴォネをもうけている。

---fadeinpager---

レジーナ・キング、カリーヌ・ロワトフェルド、ディラン・ペン

『氷の微笑』(1992年)のヒロインとその息子に加え、多くのセレブたちがガラのレッドカーペットを彩った。

主賓のスパイク・リーは、黄色の柄シャツでひときわ目を引く装い。オーランド・ブルームはシャロン・ストーンと同じテーブルに座った。

レジーナ・キングは黒と白の豪華なガウンを纏い、先日、父親のショーンと一緒にパレ・デ・フェスティバルの大階段を上ったディラン・ペンは、ピンクのフリルをあしらった玉虫色のドレス姿。

2016〜18年までクリステン・スチュワートの恋人だったモデルのステラ・マックスウェルや、ブルックリン・ベッカムの元恋人であるモデルのハナ・クロスも出席した。さらにカリーヌ・ロワトフェルドと彼女の2人の子ども、ジュリアとヴラジミール、また歌手のルース・アンド・ザ・ヤクザも忘れてはならない。

第74回カンヌ国際映画祭を美しく締めくくる、最高にグラマラスな夜だった。

text : Chloé Friedmann (madame.lefigaro.fr)

Share:
  • Twitter
  • Facebook
  • Pinterest

Recommended

BRAND SPECIAL

Ranking

Find More Stories