星ひとみの天星術が告げる、2021年下半期の恋愛運。

Culture 2021.07.18

ニューノーマルな生活が定着してきた昨今、恋の見つけ方、愛の育み方も揺らぎやすいもの。星ひとみの天星術で、パートナーシップ運を見直して。


独自の“占星術”で、よりパーソナルなアドバイスをくれると人気の星ひとみ。ひとりの人の運気のアップダウンを“光”と“影”になぞらえ、すべてを受け入れながら未来への道を優しく照らす。いまやTVをはじめメディアで引っ張りだこだが、そんな彼女が20年の歳月をかけて積み上げ、いまなお変化させているのが天星術だ。独特な視点をベースに統計学や人間科学、心理学のほか、人の運勢に影響をもたらすと考えられるすべての要素を加味して編み出してきたという。

生まれた年月から算出される数字に生まれた日の数を足し合わせて導き出されるナンバーにより、天星グループと呼ばれる、月、地球、太陽の3つのグループと、そこからさらに4つずつに派生する天星タイプに分類されていく。柔らかな愛の波動で奉仕する繊細なエネルギーを持つ月グループに分けられるのが、満月、上弦の月、下弦の月、新月。調和を保ちながら現実を歩み切り開く、類いまれなバランス感覚を有する地球グループが、空、山脈、大陸、海だ。そして、個性を輝かせ自由な冒険を続ける太陽グループには、朝日、真昼、夕焼け、深夜が分類される。天星同士で相性の善し悪しや陥りやすい関係性も読み解け、恋愛や結婚にも役立てやすい。さらに、タイプ分けのための過程ではじき出された数字は天星ナンバーと呼ばれ、同じ天星に属していてもそれぞれ細かに異なる、その人ならではのユニークな特徴を司る。

基本的には天星により、根本的な性格や恋愛のクセ、適職などが紐解かれていくが、各天星にはそれぞれ“光”と“影”という表裏一体のふたつの性質がある。普段の振る舞いに表出しやすいのが“光”で、不安定な時に顔を出し、自分でも掴みきれていないキャラクターが見え隠れするのが“影”。自分の中で“影”が強いと感じたら、バイオリズムが崩れて運気も傾いていると心得て、置かれた状況と丁寧に向き合ってみて。

---fadeinpager---

星ひとみの天星術の観点からは、2021年下半期はどのように見えてくるのだろう。

「今年のキーワードは“変化”。頑固にひとつの場所に留まろうとするのではなく、辛い、寒い、苦しいといった局面から、いかに光を見つけるかがテーマとなるでしょう。新たな運気の流れに乗るためには、素直さ、柔軟さ、個性が大切。また、かつて森で生きていた太古の人間のように五感を鋭敏に働かせ、感覚を磨く努力も重要です。現代はスマートフォンなどのデバイスに集中するあまり、いろいろな面で感受性や察知力が鈍くなる傾向があります。いまからでも遅くないので、センスを研ぎ澄まし、最先端の時代の流れへ上手に自分自身をフィットさせていきましょう」

これまでの悪習を改めることで、マイナスのエネルギーを解放することもできるという。

「自分の中にゴールを定め、気合を入れてそこへ向かうようにすると、運命が開くでしょう。若い女性の場合は、ボディメイクに励むのもおすすめ。やるか、やらないかで運命は大きく変化します。もし自分の個性がわからなければ、とにかく探してみるように心がけて。玄関を掃除するほか、枕を自分に合うものに替えるのもよし。靴を新調するのもよいでしょう。動きやすくて、ちょっと憧れていたものを履くと、新たな動きや価値観に上手にフィットしていけるはず」

生活の中の小さな、でも重要な要素をリニューアルしていくことこそが、大きな流れに上手く乗るための秘訣になりそう。変化が大きい時は、パートナーとの関係も揺らぎやすいもの。自分の天星や“光”と“影”の特徴を知ることで、恋愛や結婚に役立ててみては。各天星部分に書かれたメッセージを、現在・未来を考えるための一助に。

---fadeinpager---

天星グループの調べ方

step 1
下の表から、自分の生まれ年と生まれ月が交わる欄を探して、運命数を確認します。

hitomi-hoshi-table-2-210705.jpg

hitomi-hoshi-table-1-210705.jpg

---fadeinpager---

step 2
運命数に自分の生まれた日を足して、天星ナンバーを出します。合計数が61以上になった場合は、60を引きます。自分の天星ナンバーを右の表と照らし合わせて、天星を見つけます。
例)1987年2月19日 生まれの場合
運命数は17 → 17 + 19 = 36 → 新月
例)1983年4月10日生まれの場合
運命数は55 → 55 + 10 = 65 → 65 - 60 = 5 → 大陸

●月グループ
満月   4、10、33、39、45
上弦の月 11、17、32、38
下弦の月 2、3、8、41、47
新月   14、20、23、26、29、36

●地球グループ
空    6、43、49、54、55、60
山脈   9、15、16、34、40、46
大陸   1、5、50、53、56、59
海    51、52、57、58

●太陽グループ
朝日   21、22、27、28
真昼   7、42、44、48
夕焼け  12、18、31、37
深夜   13、19、24、25、30、35

※オンラインサイト「星ひとみ 幸せの天星術」では、誕生日を入力すれば、無料で自分の天星を調べられます。

---fadeinpager---

月グループ

満月(4、10、33、39、45)

2106xx-02_full_moon2.jpg

上弦の月(11、17、32、38)

2106xx-03_firstquarter_moon2.jpg

下弦の月(2、3、8、41、47)

2106xx-04_waning_moon.jpg

新月(14、20、23、26、29、36)

2106xx-05_new_moon.jpg

---fadeinpager---

地球グループ

空(6、43、49、54、55、60)

2106xx-06_sky2.jpg

山脈(9、15、16、34、40、46)

2106xx-07_mountain2.jpg

大陸(1、5、50、53、56、59)

2106xx-08_continent2.jpg

海(51、52、57、58)

2106xx-09_sea_b2.jpg

---fadeinpager---

太陽グループ

朝日(21、22、27、28)

2106xx-10_sunrise2.jpg

真昼(7、42、44、48)

2106xx-11_midday2.jpg

夕焼け(12、18、31、37)

2106xx-12_sunset2.jpg

深夜(13、19、24、25、30、35)

2106xx-13_midnight2.jpg

 

星 ひとみ
巫女の血筋を持つ家系に生まれ、オリジナル運勢鑑定法、天星術の開祖として活躍。メディアにも幅広く出演し、各界に多くのファンを持つ。著書に『星ひとみの天星術』(幻冬舎刊)、『星ひとみの「天星術」今から変われる未来がある』(宝島社刊)など。

*「フィガロジャポン」2021年8月号より抜粋

text: Misaki Yamashita illustration: Ayame Ono

Share:
  • Twitter
  • Facebook
  • Pinterest

Recommended

BRAND SPECIAL

Ranking

Find More Stories