フィガロが選ぶ、今月の5冊

母国、母語とは? 故郷を失った女性が辿る越境の物語。

特集

誰もが移民になりうる時代、越境する作家の新たな代表作。

『地球にちりばめられて』

1807xx-livre-04.jpg

多和田葉子著 講談社刊 ¥1,836

旧東ドイツ、旧ユーゴスラビア、旧ソ連……そのテレビ番組には「自分の国を失った人たち」が出演していた。留学中に故郷の島国が消滅したHirukoがヨーロッパ大陸で生き抜くため、新たな言語「パンスカ」を作り出したと語る冒頭から一気に惹きこまれる。誰もが移民になりうる時代、国によるアイデンティティを失っても、言語によって越境し、未来を切り拓くことは可能なのか。Hirukoは自分と同じ母語を話す者を探して、言語学を研究する青年クヌートと旅をする。ドイツ在住で、日本語とドイツ語の両方で作品を描いてきた著者の新たな代表作。

【関連記事】
ジェーン・スーが父について語る、傑作エッセイ。
胎児の視点から語られる『ハムレット』とは?

*「フィガロジャポン」2018年8月号より抜粋

réalisation : HARUMI TAKI

RELATED CONTENTS

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。