ザ・ヤード旗艦店で見つける、普段着のきもの。

Fashion 2019.04.05

「白シャツのように着るきもの」をテーマに、新しいきものスタイルを提案するブランド、ザ・ヤード(THE YARD)。モノトーンを中心としたシンプルな柄が多いが、その素材は日本全国から選りすぐった伝統的な工法によるもの。織の風合いを生かしたきものは、まさにシャツを選ぶような感覚で、気負わずに着こなせると好評だ。

190403_k1.jpg

伝統的な伊勢型で波を表した涼やかなゆかたは、大人の雰囲気で着こなして。ゆかた伊勢型/波/ネイビー¥42,120 名古屋帯¥42,120(ともに仕立て代込み)

190403_k2.jpg

神宮前にオープンした旗艦店。ミニマルな内装が特徴。

この春、ザ・ヤードの旗艦店が神宮前にオープンした。黒漆で染色した木材などを使いながら無駄を省いたミニマルな空間で、カジュアルな雰囲気の中、きものに触れることができる。また、きものに合わせたモダンなバッグや、帯留めなどのアクセサリーなども揃うので、トータルコーディネートも可能。きものの価格帯は¥40,000〜¥100,000(仕立て代込み)が主流で、求めやすいのも魅力。店内には着付け教室もあるので、初心者でも気軽に相談できる。この時期は一枚仕立ての単衣のきものやゆかたがラインナップ。カジュアルなきものライフを始める絶好のシーズンに、まずはショップを訪れてみてはいかが?

190403_k3.jpg

爽やかなグリーンのゆかたと兵児帯のカジュアルな組み合わせ。ゆかた伊勢型/松/グリーン¥42,120 兵児帯¥42,120(ともに仕立て代込み)

190403_k4.jpg

小千谷の綿麻縮独特の風合いと、優しい色合いが上品な印象。ちょとしたお出かけにも。ゆかた小千谷/綿麻縮/バイカラー/珊瑚¥63,720 名古屋帯¥52,920(ともに仕立て上り価格)

THE YARD
渋谷区神宮前3-36-26
Tel:03-5843-1063
営)11時30分〜20時
休)水
http://the-yard.jp
Instagram: @theyard_jingumae

【関連記事】
エレガントなきもので装う、スリークな艶髪アレンジ。
レトロなきものに合う、ニュアンスハーフアップ。

réalisation : JUNKO KUBODERA

Share:
  • Twitter
  • Facebook
  • Pinterest

Recommended

BRAND SPECIAL

Ranking

Find More Stories