ヒールとスカート、cm(センチメートル)の関係。 LOW:ローヒールが描く、エレガントな方程式。

Fashion 2019.11.01

この秋は久しぶりにレディな靴を履きたい気分。ローヒールのシックでレディなバランス感。

L O W

low-01-heelxskirt-191017.jpg

5

ローヒールが垢抜ける、黒いチュールの方程式。

今季注目のグレーを、スエードパンプスで取り入れて。チュールの軽やかな透け感が、ローヒールのモダン係数を倍にする。パンプス(ヒール5㎝)¥120,960/マノロブラニク(バーニーズ ニューヨーク カスタマーセンター) チュールスカート¥72,360/エンフォルド チェックトップ¥83,160/マリーン・セル(エムエイティティ) 中に着たタートルネックトップ¥185,760/ブルマリン(ウールン商会) 上から羽織ったチュールドレス¥51,840/ミスターイット ヴィンテージバッグ¥42,120/フックド ピアス¥38,880、バングル¥60,480/ともにアリギエーリ(エストネーション) タイツ¥1,080/セシリア デ ラファエル(ぽこあぽこ)

---fadeinpager---

low-02-heelxskirt-191017.jpg

4.5

50sの淑女スタイルに、ロココな甘さが比例する。

スイートなピンクサテンのパンプスを、銀幕の女優気分でクラシカルに履きこなす。パンプス(ヒール4.5㎝)¥236,520/ロジェ ヴィヴィエ( ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン) ニットスカート¥4,309/ユニクロ ユー(ユニクロ) レザーコート(参考色、商品はブラックで展開)¥140,400/アニエスベー 中に着たレースブラウス¥97,200/ブラミンク 黒のブラトップ¥7,290/ベースレンジ(ベースレンジ ジャパン) スカーフ¥46,440/リバティ ロンドン( リバティジャパン) グローブ¥63,720/アンテプリマ(アンテプリマジャパン) ヴィンテージネックレス¥34,560/サニーヴィンテージ ストッキング¥1,080/セシリア デ ラファエル(ぽこあぽこ)

---fadeinpager---

low-03-heelxskirt-191017.jpg

6

くるぶし丈とアンクレットの、おしゃれな相関関係。

スエード×レザーのロングスカートは、くるぶしが見える丈で重さを回避。モダンなシルバーリングが付いたアンクレットパンプスで、全体のこなれ感も倍増。ヴィンテージライクな色や柄を、足元からアップデートするための模範解答がここに。パンプス(ヒール6㎝)¥93,960/ジル・サンダー(ユナイテッドアローズ 原宿本店) オータムカラーのスリット入りパネルスカート¥529,200/サルヴァトーレ フェラガモ(フェラガモ・ジャパン) ビジュー付きボディスーツ¥62,964/パコ ラバンヌ、ピアス¥105,840/シャルロット シェネ(ともにエドストローム オフィス) フリンジ状になったビジューネックレス¥39,960/フォルテ フォルテ(コロネット)

●問い合わせ先:
バーニーズ ニューヨーク カスタマーセンター 0120-137-007(フリーダイヤル)
エムエイティティ info@thematt.com
ウールン商会 tel:03-5771-3515
ミスターイット http://misterit.jp
フックド hookedvintage@gmail.com
エストネーション 0120-503-971(フリーダイヤル)
ぽこあぽこ tel:03-3477-5006
ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン 0120-957-940(フリーダイヤル)
ユニクロ 0120-170-296(フリーダイヤル)
アニエスベー tel:03-6229-5800
ブラミンク tel:03-5774-9899
ベースレンジ ジャパン tel:03-3406-3993
リバティジャパン tel:03-6412-8415
アンテプリマジャパン 0120-03-6962(フリーダイヤル)
サニーヴィンテージ tel:03-6712-6938
ユナイテッドアローズ 原宿本店 tel:03-3479-8180
フェラガモ・ジャパン 0120-202-170(フリーダイヤル)
エドストローム オフィス tel:03-6427-5901
コロネット tel:03-5216-6518

【関連記事】
2019-20年 秋冬 靴バッグカタログ
10のキーワードで探す2019-20年秋冬の靴とバッグ。

※『フィガロジャポン』10月号より抜粋

※この記事に記載している価格は、2019年8月時点の8%の消費税を含んだ価格です。

photos : KENTA SAWADA, stylisme : CHIAKI UTSUNOMIYA, coiffure : HORI (bNm), maquillage : MAI KODAMA (SIGNO)

Share:
  • Twitter
  • Facebook
  • Pinterest

BRAND SPECIAL

Ranking

Find More Stories