東京パリジェンヌ#22 【東京パリジェンヌ】高橋ララ×ダイヤモンド

Fashion 2021.03.19

フィガロが考えるパリシックのコードを最新モードでひもとく巻頭連載。第22回は、日常をリュクスに昇華させるダイヤモンドの魅力に迫る。プレシャスな輝きで惹きつけるピアジェのジュエリーが、高橋ララの凛とした個性を優美にデコレートする。本誌の未掲載カットとともに、パリシックにまつわるキーワードについてのミニインタビューをお届け!

210301_02_014_C01_TR.jpg

ピアス「ポセション」 (WG×ダイヤモンド)¥1,636,800/ピアジェ(ピアジェ コンタクトセンター)  ニットトップ¥132,000(予定価格)/クロエ(クロエ カスタマーリレーションズ)

KEYWORD1:パリ

初パリは0歳の時です(笑)。もちろん当時の記憶はありませんが、それから10回近くは行っているかも。自分でも不思議なことに、パリではすぐに道を覚えられるんです。行きはマップを使っても、帰りはなにも見ずにホテルにたどり着ける。ほかの都市ではそんなことないんですけどね。いつも必ず訪れるのは、ルーブル美術館とヴィクトリアズ・シークレット!両極の場所ですが、この2ヵ所は欠かせません。

---fadeinpager---

210301_04_009_C01_TR.jpg

リング「ポセション」人指し指上から、(WG×ダイヤモンド)¥541,200、 (PG×ダイヤモンド)¥616,000、 中指上から、(PG×ダイヤモンド)¥514,800、 (WG×ダイヤモンド)¥484,000、薬指 (PG×ダイヤモンド)¥805,200/以上ピアジェ(ピアジェ コンタクトセンター)  ドレス¥550,000(予定価格)/クロエ(クロエ カスタマーリレーションズ)

KEYWORD2:パリコレ

2019年9月に、たくさんのブランドからご招待いただきパリコレに行きました。プライベートではないパリは初めてでしたが、本当に楽しかったです。翌年もコレクションの時期にパリへ行きましたが、以前から会いたかった人に偶然出逢えたり、友達が出来たり人脈が広がったり、ミラクルな時空間という気がします。

---fadeinpager---

210301_01_047_C01_TR.jpg

ペンダント「ポセション」 (PG×ダイヤモンド)¥1,108,800/ピアジェ(ピアジェ コンタクトセンター)  ブラウス¥192,500、パンツ¥166,100/ともにクロエ(クロエ カスタマーリレーションズ)

KEYWORD3:パリジェンヌ

一言で言うと、強さ。自分のスタイルを貫き通す、流されない強さを感じますね。たとえば、モデルでDJのアガット・ムージャンはアンドロジナスな個性が本当にかっこいいと思うし、ミュージシャンのアンジェルも、フレンチポップの王道をあえてハズす我流な生き方が大好きです。

---fadeinpager---

210301_03_041_C01_TR.jpg

バングル「ポセション」上から、(WG×ダイヤモンド)¥1,460,800、 (YG×ダイヤモンド)¥1,381,600、 (WG×ダイヤモンド)¥686,400、 (PG×ダイヤモンド)¥1,381,600/以上ピアジェ(ピアジェ コンタクトセンター)  ドレス¥583,000/クロエ(クロエ カスタマーリレーションズ)

KEYWORD4:ダイヤモンドジュエリー

プライベートで愛用しているダイヤモンドジュエリーは、生まれた時にプレゼントされたネックレスです。繊細なチェーンに一粒ダイヤが付いたものなんですが、それを手首に2重に巻いて、ブレスレットとしていまも使っています。今回着けた中では、バングルがとても印象的でした。自分で選ぶのは華奢なタイプばかりなので、太めでがっしりとしたフォルムも、またそれを重ね着けするスタイリングも、すごく新鮮に感じました。

 

Lala Takahashi
2002年生まれ、東京都出身。高校在学中よりモデル活動を始め、雑誌や広告などで活躍。オフ-ホワイト c/o ヴァージル アブロー™の2020SSコレクションにてパリコレのランウェイデビューを果たす。独自のスタイルを確立した次世代のファッションアイコンとして、熱い注目を浴びる存在となっている。

 
●問い合わせ先:
クロエ カスタマーリレーションズ
tel:03-4335-1750


ピアジェ コンタクトセンター
0120-73-1874(フリーダイヤル)

東京パリジェンヌ INDEXページへ

photos:MITSUO OKAMOTO, stylisme:TOMOKO IIJIMA , coiffure:YUSUKE MORIOKA(eight peace) , maquillage:TOMOHIRO MURAMATSU(SEKIKAWA OFFICE) , réalisation : MAMI AIKO

Share:
  • Twitter
  • Facebook
  • Pinterest

世界は愉快
フィガロワインクラブ
Business with Attitude
パリとバレエとオペラ座と
BRAND SPECIAL
Ranking
Find More Stories