21-22 AUTUMN & WINTER TREND REPORT 秋冬に纏いたい、注目カラーはこちら!

Fashion 2021.09.08

COLOR PALETTE

秋冬の定番色か、 気分を上げる鮮色か。

秋冬の定番色であるこっくりとしたカーキやブラウン、昨季台頭した情熱的なレッドは今年も豊作。そこに、イエロー、ライラック、ピンクといったサニーカラーが加わった。秋冬のスタイルを軽快に彩って。

color-palette-01-210729.jpg

2108xx-trend-01.jpg
YUUKA MARUYAMA

私が気になったのは、発色がいいイエローと情熱的なレッド。特にドリス ヴァン ノッテンの赤がすごく印象的で。

2108xx-trend-02.jpg
SUMIRE HAYAKAWA

レッドは着たくなりますよね。展示会でも、ベーシックなアイテムが赤くなっているのをよく見かけて、今年は選ぶ人が多いんじゃないかと思いました。

2108xx-trend-01.jpg
YUUKA MARUYAMA

差し色で使うほうが可愛い気がするけど、色味の強弱があまりないぶん、同色同士でも素材が違えば合わせやすい。赤のファーに赤のコットンパンツとか。強い色だけど、勇気を持てば意外と使いやすいよね。

2108xx-trend-02.jpg
SUMIRE HAYAKAWA

私は、ピンクとライラックが気になりました。どちらも去年から少し流れはあったけど、今季はより発色がよくなったのもあり、パワフルに感じました。ニナリッチの、テック系の素材にピンクを使っているのが可愛かった。JWアンダーソンのライラックの色使いもきれいでした。

2108xx-trend-01.jpg
YUUKA MARUYAMA

イエローとかピンクのような色は、コートとかワンピースのような一枚で成り立つものが取り入れやすそう。トップだけだとその下どうするよって悩んじゃうし、かといって黒を合わせると差がすごいから。

2108xx-trend-02.jpg
SUMIRE HAYAKAWA

ワンピースは一枚で完結しますし、リアルに取り入れやすそうですもんね。

---fadeinpager---

PURE BLACK

モードな色、ブラックの復権。

バーバリーのトラッド、バレンシアガのストリート、ディオールのゴシック。テイスト問わずブラックがランウェイを染めた今季は、久々にモードの王道カラーが復活する予感。

color-palette-02-210729.jpg

2108xx-trend-01.jpg
YUUKA MARUYAMA

ブラウンとカーキも秋冬だけに多かったけど、ブラックも多かった気がする。ブラックをベースに、差し色を少しだけ利かせるスタイル。モノトーンの新しい可能性を見せてくれたヴァレンティノが好きだった。

2108xx-trend-02.jpg
SUMIRE HAYAKAWA

レースやフリルを取り入れた、ディオールのモノトーンスタイルも可愛かったですよね。

丸山佑香|YUUKA MARUYAMA
STYLIST

2005年に独立。パンデミック前はパリコレにも頻繁に参加し、プライベートではメンズライクなパンツスタイルとBTSをこよなく愛する。
早川すみれ|SUMIRE HAYAKAWA
STYLIST

2011年に独立。プレイフルなスタイリングを得意とし、海外ドラマのロケ地をGoogleマップで検索するリモートトリップにハマっている。

*「フィガロジャポン」2021年9月号より抜粋

Share:
  • Twitter
  • Facebook
  • Pinterest

BRAND SPECIAL

Ranking

Find More Stories