フィガロエディターが選ぶ、一緒に旅したい靴バッグ。

【旅と靴バッグ】編集MSは、野生的なスリランカの虜。

特集

旅先に欠かせない、お気に入りの靴とバッグ。今回は、フィガロ編集部のファッションエディターに聞く、いつかもう一度行きたい旅先と、一緒に持っていきたい2020-21年秋冬の新作靴&バッグを紹介。第3回は、編集MSが登場。

知る人ぞ知る、スリランカのリュクスな暮らし。

200801-mana-02.jpg

「行けるかわからないけれど……スリランカ。今年は海外に行けていないので、思いきりエキゾティックなところに行きたい。2015年の年明けに行った「Madulkelle Tea and Eco Lodge(マドゥルケレ・ティー・アンド・エコ・ロッジ)」は、霧深い山々を上ったところに突如現れる秘境のラグジュアリーロッジ」

200801-mana-03.jpg

「名前にはエコロッジと付いているけれど、どちらかというとグランピング風です。山の美しい空気を吸いながら、大人の宿に籠って何もしない贅沢を味わいたいです」

200727-shoesbag-05-01.jpgバッグ(H22×W25.5×D12㎝)¥280,500/エトロ シューズ(ソール3㎝)¥135,000/ロエベ(ロエベ ジャパン クライアントサービス)

「秘境のヴァカンスは、リゾートワンピースなどのゆったりした服を持って行くことが自然と多くなります。秋ならノマドなカフタンドレス。エトロのチロリアンなミニバッグは、そんなボーホールックにもぴったり合いそう。足元は、歩きやすさもありつつ、星付きレストランなどちょっとしたディナーにも履いて行けるロエベのローファーに決まり!」

編集MS
いまさら夫婦でNetflixのドラマ「梨泰院クラス」にハマり、ついには息子の髪型を主人公のパク・セロイ風にする始末。まだ行っていない国の中でいま狙っているのは、ブータンとジョージア。

 

●問い合わせ先:
エトロ tel:03-3406-2655
ロエベ ジャパン クライアントサービス tel:03-6215-6116

【関連記事】
懐かしい味と理想郷を求めて、スリランカへ。
スリランカの自然に抱かれる、スタイリッシュなホテル。
旅の時間を思い出す、気品あふれるフォークロア。

※この記事に記載している価格は、標準税率10%の税込価格です。

RELATED CONTENTS

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madameFIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。