1月の運勢(月運) : 雨 - 中森じゅあんの算命学占い

『フィガロジャポン』本誌で大人気だった、中森じゅあん先生の算命学を毎月更新。
中国最古の占星学から読み解いた、主精別の「今月のキーワード」と、全体運、仕事運、恋愛運をさらに良い方向へ導くためのアドバイスをお届けします。

2021年1月5日〜2021年2月3日の運勢

星座名

考える前に、身体を動かす。スピーディな対応が幸運の秘訣。

パワフルな若々しさにあふれ、忙しい月といえましょう。とはいえ、張り切って用事をテキパキと済ませると、喜びを感じることでしょう。その多忙はどちらかというと、頭より身体で片付けていくタイプの、考え込まず即実行すればいいものが多いはず。後回しにすると面倒になりやすいので、さっさと手をつけスピーディにクリアしていけば、自分の時間を有効に使うことができます。シングルなら婚活に時間をかけられますし、上手な時間活用ができるよう心がけましょう。あなたに頼んだことは、すぐにやってもらえる――という評価が得られるほか、自身のタイムスケジュール管理が上手になり、忙しくても多彩に活動したり、休む時には休む能力が備わるでしょう。考える前に動き、動けるものから先にやってしまう。そんな習慣が力になります。スポーツの星でもあるので、ウォーキング、ストレッチ、ヨガ、筋トレ、何であれプライベートに「動」を楽しむ時間をつくるのもおすすめです。こんな時こそ身体を大切にし、忙しさの中にも楽しみがあるよう前向きに過ごしましょう。男性運もある月ですから、公私ともに男性との関わりを意識してください。

雨のあなたはこんな人

静かに降る雨は、霧や露、そして大切な飲料水を含め、私たちや地上の存在に不可欠な生命の源です。慈雨という言葉のように、雨の人は、母性愛にみちて、しかも理性的で、どんな状況や人に対しても自分を柔軟に合わせられる順応性をもっています。もの静かで冷静なため一見クールな人と見られることもありますが、親切で、よく尽くし、面倒見がよく、人を育てていく教育の才能をもっています。探究心が豊かで、知的好奇心があり、すぐれた現実主義なタイプですから、とんでもないことや、枠を外れるような型破りなことはしません。でも水の本質は下へ流れていくように、何かで落ち込むようなことがあると、大きくなる傾向があるので、上手に受け流すゆとりをもちましょう。生涯続けるような教養、勉強、趣味をもったり、それを教えることなどすると、人生が豊かに彩られるでしょう。

雨の有名人

オドレイ・トトゥ(女優)1978/08/09
カトリーヌ・ドヌーヴ(女優)1943/10/22
ギャスパー・ウリエル(俳優)1984/11/25
ジョニー・デップ(俳優)1963/06/09
フランソワ・オゾン(映画監督)1967/11/15

Horoscope : Juan Nakamori / Illustlation :Maggie Prendergast

中森じゅあんプロフィール

鬼谷算命学が専門の占い師。バイオシンセンス・ボディサイコセラピスト。占い師としてのキャリアは20年。また、フリーランスのコピーライターとしても27年の経験をもつ。算命学のほか、ワークショップ講演、エッセイや詩の執筆など幅広い分野で活躍中。著書は『鬼谷算命学』(三笠書房)、エッセイ集『幸福の扉を開きなさい』(PHP文庫)、詩画集『天使の愛』(講談社)ほか多数。

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madameFIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。