5月の運勢(月運) : 樹 - 中森じゅあんの算命学占い

『フィガロジャポン』本誌で大人気だった、中森じゅあん先生の算命学を毎月更新。
中国最古の占星学から読み解いた、主精別の「今月のキーワード」と、全体運、仕事運、恋愛運をさらに良い方向へ導くためのアドバイスをお届けします。

2020年5月5日〜2020年6月4日の運勢

星座名

目の前にあるやるべきことに、一心不乱に集中する。

今月巡り来る仕事の星が、責任感をもって自分を律し、やるべきことを実行せよというメッセージを送っています。この星は、礼儀礼節とか品格というエネルギーを備える真面目なリーダーという意味も持ちます。リモートワークなど仕事の取り組み方がいつもと異なる状況にある人が多いでしょうが、毅然としたこの星が、冷静な行動と判断のサポートをもたらしてくれると信じ、邁進してください。もともと、ゆっくりとマイペースで着実な現実を創造するのが、樹木の基本的な特性ですから、忍耐力にも優れており、この危機的状況の長丁場でも、地道にまっすぐ歩むことでしょう。そこへ今月は行動力という星が加わり、夢を示すロマンの星も巡るのですから、未来への夢、明るさも胸に抱きながら、日々を過ごしてください。仕事の星とはつまり、「仕事において認められる」ことを指しますから、目の前のことに集中する心の強さを日々培っていきましょう。

(じゅあん先生からのメッセージ)
今月だけでなく、まだまだ続きそうなこの困難の時に、各主精の方々にとって、今月巡り来る算命の星をどう使って乗り越えたらよいのか、ヒントとアドバイスをお届けします。少しでも皆さまのお心と行動の参考になりますように。

樹のあなたはこんな人

天を目指してまっすぐ上へ伸びていく樹木は、長い年月をかけて、見事な大樹として成長します。そんな樹のイメージがあなたの本質です。正直で一本気。基本的にはゆっくりペースの、のんびり屋さん。時には頑固に見られることがありますが、それは人に指図されることが嫌なマイペース型だから。何であれ、自分の思うように自分のやり方でやりたいのです。樹のぬくもり・・・というように、人と争うことやトラブルは苦手な平和主義。心あたたかで温厚な性質です。決して要領よく立ち回るタイプではありませんが、じっくりと着実に、年月とともに実力、信用、魅力などが伴っていく、大器晩成の長距離ランナーのリーダータイプの人です。

樹の有名人

ジュード・ロウ(俳優)1972/12/29 デヴィッド・リンチ(映画監督)1946/01/20 レオス・カラックス(映画監督)1960/11/22

Horoscope : Juan Nakamori / Illustlation :Maggie Prendergast

中森じゅあんプロフィール

鬼谷算命学が専門の占い師。バイオシンセンス・ボディサイコセラピスト。占い師としてのキャリアは20年。また、フリーランスのコピーライターとしても27年の経験をもつ。算命学のほか、ワークショップ講演、エッセイや詩の執筆など幅広い分野で活躍中。著書は『鬼谷算命学』(三笠書房)、エッセイ集『幸福の扉を開きなさい』(PHP文庫)、詩画集『天使の愛』(講談社)ほか多数。

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。