12月の運勢(月運) : 宝 - 中森じゅあんの算命学占い

『フィガロジャポン』本誌で大人気だった、中森じゅあん先生の算命学を毎月更新。
中国最古の占星学から読み解いた、主精別の「今月のキーワード」と、全体運、仕事運、恋愛運をさらに良い方向へ導くためのアドバイスをお届けします。

2020年12月7日〜2021年1月4日の運勢

星座名

古きを知ることで、現在ある自分の姿の本質を捉える。

しきたりとか伝統といった、古き良きことに象徴される星が巡ります。こんなときには何か落ち着いたものや和のものに惹かれたり、縁があるものです。訪ねたい神社やお寺があったりしませんか? まずは住まいの氏神様はどこにあるのか、まだ知らなかったら調べてみるとよいでしょう。ちょっと遠かったとしても年内に行ってみるべきです。何かしら古くから伝えられているものが、あなたに落ち着きや喜びを与えてくれそうです。人によっては、古典文学に取り組みたくなったり、古典芸能の世界に誘われるかもしれません。さらに興味の対象が、着付けやお茶、花道などに向かう人もいるでしょう。仕事でも新しいことばかりでなく、会社のルーツや業界の歴史などに関心があるようならぜひ掘り下げて調べてみましょう。家系調査もぜひやってみてください。全てがあなたの現在と繋がっていて、そこから生かされていることに気づくでしょう。

宝のあなたはこんな人

天然の原石は、人の手によって採石され、磨き上げられ、美しく高価な宝石、貴金属としてもてはやされます。宝の人は、傷つきやすく、とても繊細な神経が特色。それだけ鋭い感受性や創造力をもっています。華やかで品格のあるエネルギーをもっていて、美の感性や、美しい生き方、ファッションやライフスタイルなどに独自の強いこだわりをもっています。時にはぜいたくやわがままだと思われることもありますが、人の気持ちが敏感に分かり、デリケートなやさしさをもつ、純粋で真面目な礼儀正しい人。プライドが高く、高級品や優雅さが似合うのが本質ですが、現実生活とのギャップがあるときは辛いこともあるでしょう。外側だけでなく、内面のすばらしさや才能を磨くことで、宝石のように、ますます人を惹きつけ魅了する存在に。

宝の有名人

ウディ・アレン(映画監督)1935/12/01
カーラ・ブルーニ・サルコジ
(仏大統領夫人)1967/12/23
ステラ・マッカートニー(デザイナー)1971/09/13
ピナ・バウシュ(振付家、ダンサー)1940/07/27
ミシェル・ゴンドリー(映画監督)1963/05/08
リュディヴィーヌ・サニエ(女優)1979/07/03
レディ・ガガ(ミュージシャン)1986/03/28

Horoscope : Juan Nakamori / Illustlation :Maggie Prendergast

中森じゅあんプロフィール

鬼谷算命学が専門の占い師。バイオシンセンス・ボディサイコセラピスト。占い師としてのキャリアは20年。また、フリーランスのコピーライターとしても27年の経験をもつ。算命学のほか、ワークショップ講演、エッセイや詩の執筆など幅広い分野で活躍中。著書は『鬼谷算命学』(三笠書房)、エッセイ集『幸福の扉を開きなさい』(PHP文庫)、詩画集『天使の愛』(講談社)ほか多数。

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madameFIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。