12月の運勢(月運) : 山 - 中森じゅあんの算命学占い

『フィガロジャポン』本誌で大人気だった、中森じゅあん先生の算命学を毎月更新。
中国最古の占星学から読み解いた、主精別の「今月のキーワード」と、全体運、仕事運、恋愛運をさらに良い方向へ導くためのアドバイスをお届けします。

2018年12月7日〜2019年1月6日の運勢

星座名

スピーディーに動くほど結果が出やすい、男性運の強い月。

忙しい12月となるでしょう。師走だからというわけでなく、スピードと実行あるのみと覚悟して、何ごとも目前のことをさっさと片づけてクリアしていきましょう。もちろん仕事の領域だけではありません。やるべき仕事を迅速に済ませば、別のことをできるゆとりができ、そこからプライベートに生かせる時間が得られるわけです。同時に男性が鍵となる時期でもあります。多忙な時は、仕事なら同僚や関係者でも男性にサポートをしてもらうとうまくいきやすいでしょう。山の人はじっくり型なので、ひとりで全てをやろうとするより、人の力も当てにしてスピーディーにコトを運ぶといいでしょう。また、男性が特色の月というのは、ラブチャンスが到来するタイミングでもあります。婚活に励む時間も、効率よくアクティブにこなすことをおすすめします。焦ることはありませんが、頭の中で考えているだけで行動を起こさなければ、変化には結びつきません。動けば動くだけ結果が伴うという月の流れを大事にしてください。

山のあなたはこんな人

雄大な姿でそびえている山脈は、財と愛のシンボルです。ちょっとやそっとのことでは動じない、頼もしいどっしり感や落ち着きを本質的にもっている人。動かざること山のごとしというように、ゆったりしたペースの人。サービス精神が旺盛で、面倒見がよく、人から頼られることが多いのですが、ノーと言いにくいこともありそう。スピード感はありませんが、来る者拒まず去る者追わず、山登りのように、着実に尻上がりの人生を築いて、信頼、能力を高めていくでしょう。大冒険をしたり、率先してリスクを犯すことは不向きですが、夢やロマンを求めるより、しっかりした経済感覚をもっている安定志向のリアリスト。やさしさと魅力で人に慕われます。

山の有名人

杉本博司(アーティスト)1948/02/23 ダイアン・クルーガー(女優)1976/07/15 フランソワーズ・サガン(作家)1935/06/21 マイケル・ジャクソン(ミュージシャン)1958/08/29

Horoscope : Juan Nakamori / Illustlation :Maggie Prendergast

中森じゅあんプロフィール

鬼谷算命学が専門の占い師。バイオシンセンス・ボディサイコセラピスト。占い師としてのキャリアは20年。また、フリーランスのコピーライターとしても27年の経験をもつ。算命学のほか、ワークショップ講演、エッセイや詩の執筆など幅広い分野で活躍中。著書は『鬼谷算命学』(三笠書房)、エッセイ集『幸福の扉を開きなさい』(PHP文庫)、詩画集『天使の愛』(講談社)ほか多数。

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。