5月の運勢(月運) : 山 - 中森じゅあんの算命学占い

『フィガロジャポン』本誌で大人気だった、中森じゅあん先生の算命学を毎月更新。
中国最古の占星学から読み解いた、主精別の「今月のキーワード」と、全体運、仕事運、恋愛運をさらに良い方向へ導くためのアドバイスをお届けします。

2020年5月5日〜2020年6月4日の運勢

星座名

ひとり時間を大切に。自己と向き合い、心の声を聞く。

山のあなたは、本質的にどっしりした気質で、しっかりした落ち着いた内面を持っています。しかし今月巡る星はとても繊細で、普通なら気付かないことにも敏感になる面があります。“単独”という意味もあるため、ときには不安や孤独を感じる日もあるでしょう。人と繋がることへの抵抗もあり、ひとりで過ごす傾向にあります。でも少しも悪いことではありません。国が外出自粛を要請していることもありますが、今月の星は、単独行動やひとりの時間をできるだけ大切にして、自分自身の内なる声とのコミュニケーションを密にとることを勧めています。平常時とは違う現状では、自分と向き合って対話することで、不安や心配が浮上することもあるでしょう。それをしっかり認識し、ありのままの自分を理解し受け入れるといったプロセスがとても大切です。どんな思いや感情も、本来のあなたの優しさで包めば、解放することができますよ。人は強くて豊かな存在と信じて、その過程を体験する貴重なチャンスをものにしてください。

(じゅあん先生からのメッセージ)
今月だけでなく、まだまだ続きそうなこの困難の時に、各主精の方々にとって、今月巡り来る算命の星をどう使って乗り越えたらよいのか、ヒントとアドバイスをお届けします。少しでも皆さまのお心と行動の参考になりますように。

山のあなたはこんな人

雄大な姿でそびえている山脈は、財と愛のシンボルです。ちょっとやそっとのことでは動じない、頼もしいどっしり感や落ち着きを本質的にもっている人。動かざること山のごとしというように、ゆったりしたペースの人。サービス精神が旺盛で、面倒見がよく、人から頼られることが多いのですが、ノーと言いにくいこともありそう。スピード感はありませんが、来る者拒まず去る者追わず、山登りのように、着実に尻上がりの人生を築いて、信頼、能力を高めていくでしょう。大冒険をしたり、率先してリスクを犯すことは不向きですが、夢やロマンを求めるより、しっかりした経済感覚をもっている安定志向のリアリスト。やさしさと魅力で人に慕われます。

山の有名人

杉本博司(アーティスト)1948/02/23 ダイアン・クルーガー(女優)1976/07/15 フランソワーズ・サガン(作家)1935/06/21 マイケル・ジャクソン(ミュージシャン)1958/08/29

Horoscope : Juan Nakamori / Illustlation :Maggie Prendergast

中森じゅあんプロフィール

鬼谷算命学が専門の占い師。バイオシンセンス・ボディサイコセラピスト。占い師としてのキャリアは20年。また、フリーランスのコピーライターとしても27年の経験をもつ。算命学のほか、ワークショップ講演、エッセイや詩の執筆など幅広い分野で活躍中。著書は『鬼谷算命学』(三笠書房)、エッセイ集『幸福の扉を開きなさい』(PHP文庫)、詩画集『天使の愛』(講談社)ほか多数。

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。