そろそろ始めない?素敵なアペロ生活。

骨太な料理と自然派ワインを、カウンター席で。

特集

ディナー前や休日の昼下がり、仲間とおいしいおつまみを食べながら軽く一杯。フランス人が大好きなアペロの習慣は、日常をもっと素敵にしてくれるはず。女性オーナーとのおしゃべりを楽しみながら料理とワインを楽しめる、人形町の「パーラー サンマルゴ」はカウンターが特等席。

【French Mood #03】軽めのワインやシードルで、 おしゃべりも弾む。

パーラー サンマルゴ|人形町

171014-apero-02.jpg

「トマトとアボカド、リコッタの白バルサミコソース和え」¥780。塩味で弱発泡の「カプリアード ピエージュ・アフィーユ」(グラス¥980)は、料理が持つ酸味と甘味に合わせて。

「パーラーさながら、会話が弾む空間にしたくて」と、オーナーの久保ゆかりさん。彼女とのおしゃべりを楽しみに、ひとりで訪れる女性も多いため、カウンター席はいつも大盛況。トマトやオクラ、白菜など、野菜を使ったメニューが多いのもゲストの身体を気遣うゆえ。バルサミコとハチミツを煮詰めて作った「トマトとアボカド、リコッタの白バルサミコソース和え」など、記憶に残る骨太な料理が自慢だ。合わせるワインはフランスの自然派で、全100種。グラスは赤、白、ロゼと約10種用意。リストはないので、久保さんに相談しつつパワーをお裾分けしてもらおう。

171014-apero-01.jpg

ハチノスを塩で煮込んでレモン果汁を加えた「牛ハチノスのレモン煮込み」¥880

171014-apero-03.jpg

Parlour 305
パーラー サンマルゴ


東京都中央区日本橋富沢町2-1
tel:03-6206-2879
営)11時30分〜13時30分L.O.(月) 17時〜21時L.O.(火〜金) 14時〜20時L.O.(日)
休)土、第1・2・4金曜
予約したほうがいい
www.facebook.com/parlour305

*『フィガロジャポン』2017年10月号より抜粋

【関連記事】
アペロ French Mood #01 外苑前のワインバーで、本場パリのアペロを体験!
アペロ French Mood #02 シャンパンを気軽に楽しめる、神楽坂のバル。

photos : KAYOKO UEDA

RELATED CONTENTS

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。