そろそろ始めない?素敵なアペロ生活。

アペロがさらに楽しくなる、メニュー豊富なイタリアン。

特集

ディナー前や休日の昼下がり、仲間とおいしいおつまみを食べながら軽く一杯。フランス人が大好きなアペロの習慣は、日常をもっと素敵にしてくれるはず。前菜を選べる楽しさに魅了され、気が付けば常連になりそうなのが恵比寿の「アペリティーヴォ」だ。

【Italian Mood #01】今日はミラネーゼ気分でアペリティーヴォ!

アペリティーヴォ|恵比寿

171020-apero-03.jpg

「本日のヴェネツィア前菜盛り」1人分¥900。ニンジンサラダやカポナータなど、ショーケースに並ぶタパスの中から、自分の好みで選べるのがうれしい。スパークリングワインにオレンジ系のリキュールとソーダを加えた「スプリッツ・コン・アペロール」(¥850)と一緒に楽しみたい。

アペロを楽しむならば、メニューが豊富なほうが気分も高揚するというもの。この店では、ショーケースに並ぶ前菜を眺めながら気軽にアペリティーヴォが楽しめる。前菜は野菜を多用したものなど、日替わりで10種前後が登場。おつまみがフリーというミラノのバールスタイルにならい、月曜から木曜の20時までは、前菜を3種まで無料で提供。イタリアで腕を磨いたシェフが作る料理の充実ぶりもさることながら、食前酒も18種という守備範囲の広さ。イタリアの定番カクテル「スプリッツ・コン・アペロール」はぜひ試したい一杯だ。

171020-apero-02.jpg

「自家製ローストポーク」¥800。マリネしてひと晩寝かし、低温でゆっくりと火を入れた肉はしっとり柔らか。

171020-apero-01.jpg

Aperitivo
アペリティーヴォ


東京都渋谷区恵比寿西2-8-8 ウエストエビスビル1F
tel:03-6416-1899
営)18時〜翌2時L.O.(月〜金) 17時〜翌2時L.O.(土) 18時〜24時L.O.(日)
不定休
予約したほうがいい
www.facebook.com/AperitivoEbisu

【関連記事】
アペロ French Mood #03 骨太な料理と自然派ワインを、カウンター席で。
アペロ French Mood #04 日本初のシードル専門店で、アペロタイムを楽しもう!

*『フィガロジャポン』2017年10月号より抜粋

photos : KAYOKO UEDA, réalisation : KEIKO KODERA

RELATED CONTENTS

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。