そろそろ始めない?素敵なアペロ生活。

夕暮れからナチュラルワインとイタリアンでアペロタイム。

特集

ディナー前や休日の昼下がり、仲間とおいしいおつまみを食べながら軽く一杯。フランス人が大好きなアペロの習慣は、日常をもっと素敵にしてくれるはず。約1年前に神泉にオープンした、5時開店の「アウレリオ」で、ナチュラルワインを飲みながらゆるりと夕暮れを過ごしてみては?

【Italian Mood #02】今日はミラネーゼ気分でアペリティーヴォ!

アウレリオ|神泉

171021-apero-03.jpg

「真イワシのヴェネツィア風マリネ」¥900。カリッと揚げたイワシを松の実やレーズンとともにマリネ。柔らかな泡と穏やかな酸味が油をスッと切るカーサベルフィの「コルフォンド」(グラス¥800、ボトル¥4,500)に合わせるのが大本さんのイチオシ!

良店が並ぶ神泉にオープンして丸1年。瞬く間に繁盛店となったアウレリオは、本質を追求した料理とナチュラルワインが楽しめる気さくなイタリアンだ。「イタリアでは夕方くらいから夜までみんなゆっくりお酒を楽しんでいて。その空気感を再現したくて5時開店にしたんです」とオーナーソムリエの大本陽介さん。北イタリアを中心に修業を積んだシェフが作る素材重視の生命力あふれる料理とナチュラルワインならではのおいしさに、つい長居しそう。

171021-apero-02.jpg

「マッシュルームとクルミ、セルバチコのサラダ」¥1,200。 ペコリーノ・ロマーノがたっぷり。

171021-apero-01.jpg
Aurelio
アウレリオ


東京都渋谷区円山町16-1
tel:03-6755-6037
営)17時〜翌1時 L.O.
休)日、第1月曜
予約したほうがいい
http://aurelio-shibuya.com

【関連記事】
アペロ Italian Mood #01 アペロがさらに楽しくなる、メニュー豊富なイタリアン。
アペロ French Mood #01 外苑前のワインバーで、本場パリのアペロを体験!

*『フィガロジャポン』2017年10月号より抜粋

photos : KAYOKO UEDA, réalisation : KEIKO KODERA

RELATED CONTENTS

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。