何を贈る? 平成最後のバレンタイン。

特集

ついにやってきた、平成最後のバレンタイン。大切な人に真心を込めて、お世話になっている人に日頃の感謝を込めて、あるいは自分を労って、こだわりのチョコレートを贈りたいもの。フィガロが選んだとっておきのチョコレートを全4回に渡ってご紹介。

第1回:世界が注目する、噂のルビーチョコレート。

190121-ruby-thmub.jpg

第1回は、話題のルビーチョコレートにフォーカス。ダーク、ミルク、ホワイトに続く“第4のチョコレート”と称される、鮮やかな色とフルーティな味わいを持つチョコレートだ。ルビーカカオ豆を原料とし、着色料もフルーツのフレーバーも不使用。そんな神秘のチョコレートに、百貨店やホテルがこぞって注目。

第2回:産地の魅力が際立つ、誘惑の「Bean to Bar」。

190115-chocolate02-thmub.jpg

実際に食べてみると、これまでに親しんできたおなじみのチョコレートと一線を画す香りや味わいに驚くはず。産地や発酵による個性がビビッドに表現されたチョコレートは、知れば知るほど魅力的。今回は気鋭のチョコレート専門店による“Bean to Bar”の商品を紹介。平成最後のバレンタイン、チョコレートとともに新しい味覚を知る楽しみも贈ってみてはいかが?

第3回:人気ショコラトリーの、麗しき食べる宝石たち。

190100-chocolat-vol3-thumb1.jpgジュエラーならではの美意識が際立つ「ブルガリ イル・チョコラート」や徹底的にオーガニック食材にこだわるデンマーク発の「サマーバード オーガニック」など人気の5ブランドから、メンズにはもちろん、友人や自分にも贈りたくなる逸品を紹介。

第4回:お酒とチョコレートの、甘くて濃厚な関係。

190125-chocolate-thmub01.jpg平成最後のバレンタイン特集、最終回はお酒好きに捧げる特別編。昨年オープンした注目のチョコレートバー「カカオテール」の店長 萩原陽介さんに教わる、お酒とチョコレートのベストカップルならぬベストペアリング。甘く濃厚なマリアージュを大切な人と味わいに行くもよし、ペアリングのポイントを参考におうちでトライするもよし。

réalisation:NAOKO MONZEN

RELATED CONTENTS

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。