京丹後の小さな漁港で出合う、本格ピッツァに舌鼓。

特集

ピッツェリア・エ・ぺスケリア・エ・バール・ウラシマ

網野町は『丹後国風土記』に伝えられる浦島太郎伝説の地。2017年2月、ここにピッツェリアが誕生。店主は兵庫県赤穂のピッツァの名店サクラグミや、神戸の北野ホテルで修業を積んだ藤原英雄さん。実家の鮮魚店を改装し、本場ナポリの薪窯で、噛むほどに粉の風味が広がるもっちりした生地を焼き上げる。40種以上のピッツァが揃うが、鮮魚を使った日替わりは外せない一品。目の前の港に揚がる魚介や近隣農家の有機野菜など、土地の恵みが凝縮した前菜の盛り合わせをつまみながら、焼き上がりを待とう。

190722-urashima-01.jpg

左は、ケンサキイカとモッツァレラチーズをのせて焼いた後、フレッシュパクチーと魚醤、レモン汁をかけた日替わりの「ピッツァ・アイカラマーリ」¥2,160。右は、定番のピッツァ「マルゲリータ・インテグラーレ」¥2,052

190722-urashima-02.jpg

ストレートに素材の力を感じる前菜の盛り合わせ¥1,296(1人前)。イタリア・ヴェネト州の赤ワイン「タイロッソ」はグラス¥756

190722-urashima-03.jpg

カウンター5席の店内。テイクアウトする近所の人が多い。

190722-urashima-04.jpg

藤原さんはナポリで開催されるナポリピッツァ世界大会で2位になった腕前。「なるべくシンプルにやりたい」と語る。

ピッツェリア・エ・ぺスケリア・エ・バール・ウラシマ|Pizzeria e Pescheria e Bar Urashima
京都府京丹後市網野町浅茂川328-5
tel:0772-72-3798
営)11時〜19時
休)木 カード不可
<丹後へのアクセス>
丹後の中心地・宮津駅へは、JR京都駅から山陰本線・京都丹後鉄道を乗り継いで宮津駅まで約2時間。車の場合、京都市内から約1時間50分。宮津駅から久美浜駅へは、京都丹後鉄道または車で、ともに約1時間。

【関連記事】
食の宝庫・丹後の魅力を、滋味あふれる料理で表現。
丹後の食材をイタリア料理に昇華する、老舗お酢屋の挑戦。

※『フィガロジャポン』2019年7月号より抜粋

・掲載店の営業時間、定休日、商品の価格などは、取材時から変更になる可能性もあります。

photos : SADAHO NAITO (BON PHOTO SERVICE), réalisation : NATSUKO KONAGAYA

RELATED CONTENTS

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。