Things to Do! 2020

ひと皿で満足できる、メイン級サラダのレシピ4選。

特集

ヘルシー志向が高まる今日この頃、おうちレシピもより健康的でおいしく進化させたいもの。美容薬膳研究家のちづかみゆきさんに、薬膳の考え方に沿った、ひと皿で満足なメイン級サラダを教えてもらった。

Spring

ホタテ貝とオレンジのグリーンサラダ

自律神経が乱れがちな春は、気の巡りをよくする食材選びを。イライラを抑えるセロリやクレソンは、柑橘類やビネガーと合わせてさっぱりと。モッツァレラチーズを加えてもいい。

salad-recipe-01-200310.jpg

材料(2人分)
刺身用ホタテ貝 10個
オレンジ 1個
セロリ 1/3本
クレソン 50g
塩 少々
小麦粉 適量
オリーブオイル 大さじ1/2
A [塩ひとつまみ、黒コショウ少々、白ワインビネガー・オリーブオイル各大さじ1]

作り方
1. ホタテ貝は水分をペーパーで拭き、塩と小麦粉をはたいてオリーブオイルでソテーする。オレンジは皮を剝いて実を外しくし形に切り、セロリはピーラーでスライスする。クレソンは食べやすい長さに切る。
2.  ボウルにAを入れて混ぜ合わせ、1の水分を切って加え、和える。

---fadeinpager---

summer

トマトとマグロのポキ風サラダ

夏は、水分補給が重要なためトマトが大活躍。マグロと和えて柚子コショウ香るポキ風にアレンジ。身体にこもった熱を冷ますことも大切で、歯ざわりも楽しいキュウリが名脇役に。

salad-recipe-02-200310.jpg

材料(2人分)
マグロ(赤身) 100g
トマト・ミョウガ 各1個
キュウリ 1/2本
赤玉ネギ 1/8個
パクチー 1株
A [柚子コショウ小さじ1/2、キビ砂糖・白煎りゴマ各小さじ1、米酢・醤油・太白ゴマ油各大さじ1]

作り方
1. トマトとキュウリは乱切り、マグロも同じくらいの大きさでぶつ切りにする。赤玉ネギとミョウガはスライスし、パクチーはざく切りにする。
2. ボウルにAを入れてよく混ぜ合わせ、1を加えて和える。 

---fadeinpager---

Autumn

豚肉とレンコン、カブのホットサラダ

ヨーグルトソースに入れた隠し味のクミンが、ほんのりエスニックな白いサラダ。秋は乾燥対策と、冬を迎えるためのエネルギーが必要なため、両方を満たしてくれる豚肉がおすすめ。

salad-recipe-03-200310.jpg

材料(2人分)
豚肉(切り落とし) 150g
レンコン 120g
白いブナシメジ 120g
小カブ 4個
酒大さじ 2
塩ひとつまみ
オリーブオイル大さじ 1
A [プレーンヨーグルト1/2カップ、ニンニクすりおろし小さじ1/4、クミンパウダー少々、塩2つまみ、レモン果汁大さじ1/2]

作り方
1.レンコンは皮を剝いて1㎝の厚さに切り、カブも皮をむいて縦半分に切る。白いブナシメジは食べやすい大きさにほぐす。Aを混ぜ合わせる。
2. フライパンにオリーブオイルを入れて熱し、1のレンコンを入れて片面に焼き色を付け、返したところに豚肉をほぐしながらのせ、白いブナシメジと酒、塩を加える。フタをして中火で1分半たったらカブを加え、さらに1分半蒸し焼きして火からおろし、Aで和える。

---fadeinpager---

WINTER

ゴボウとささみ、カリフラワーの黒ゴマサラダ

寒い冬を乗り切るためには、身体を温めるホットサラダを。辛味がアクセントにもなるショウガに、味噌や腎の働きを高める黒ゴマが加わり、和な味わいにほっとする。

salad-recipe-04-200310.jpg

材料(2人分)
ゴボウ(細め) 1本
鶏ささみ 2本
カリフラワー 小1/2個
黒すりゴマ大さじ 1~2
A [ショウガ(すりおろし)・味噌・黒砂糖・黒練りゴマ・米酢各大さじ2、コショウ 少々]

作り方
1. カリフラワーは小房に分ける。ゴボウは長さ5センチに切ってさっと水にさらす。
2. 鍋にたっぷりの湯を沸かし、同じ鍋でカリフラワー、次にささみ(火を止めて蓋をし、余熱で)、最後にゴボウ(再度火にかける)の順に茹で、ゴボウは熱いうちにすりこぎなどでよく叩く。
3. ボウルにAを入れて混ぜ合わせ、適当な大きさに割いたささみ、水分をペーパーで除いたカリフラワーとゴボウを加えて和え、うつわに盛り、黒すりゴマをふりかける。

 

ちづかみゆき
国際中医薬膳師資格を生かし、薬膳料理教室meixueを主宰。『暮らしの図鑑 薬膳』(翔泳社刊)が発売中。madameFIGARO.jpではブログを公開。
madame-figaro-japon-cover-350-20200120.jpg

Things to Do! 2020
世界はしてみたいコトであふれている。

いよいよ2020年。新しい年にやってみたいこと、目を向けてみたいことがたくさんある。トレンドがガラリと変わるファッションとメイク、新しい旅先やおいしいレストランの発掘、部屋の模様替え、これから出合う本や映画……2020年という年を楽しみながら、好奇心のままに、まだ見ぬ世界への冒険へと繰り出そう。

 

『フィガロジャポン』2020年3月号より抜粋
Amazon

【関連記事】
おとぎ話のようなフラワーを纏う。
セットアップスーツを着る。

photos : AKEMI KUROSAKA (STUH)

RELATED CONTENTS

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。