平野由希子の季節のおつまみ

巣ごもりの日々、ビールのおともに韓国風フライドチキン

平野由希子の季節のおつまみ

また巣ごもりの季節となりました。料理をする時間も増えますが、Netflixやamazonプライムを観る時間も増えますね。私はこれまで韓流ドラマを食わず嫌いしていたのですが、「愛の不時着」「梨泰院クラス」にまんまとはまりました。そしてどちらのドラマも出てくる料理が気になります。「愛の不時着」を観て韓国風フライドチキンが食べたくなった人も多いのではないでしょうか。自分の料理に飽きがきやすいこんな時は、いつも作らない料理にトライするいい機会。たっぷりつけた分厚い衣はザクザクと音がするような揚げあがり。ビールを飲みながら、こんなおつまみがあれば、家時間も楽しく過ごせるような気がします。

韓国風フライドチキン

210122-korea.jpg

< 材料 2人分 >
手羽元 8本

a
酒大さじ1 塩小さじ1
ニンニク、ショウガのすりおろし ひとかけ分
コショウ 小さじ1/2 赤唐辛子(粉末)少々

b
薄力粉 大さじ4
片栗粉 大さじ2
水1/4カップ

c
薄力粉 大さじ6
片栗粉 大さじ3

揚げ油 レモン

< 作り方 >
⒈ 手羽元は骨に沿って切り込みを入れる。
⒉ aをもみ込み、30分以上おく。このままひと晩置いてもいい。
⒊ ボウルにbを入れて衣を作り、⒈を加えてからめる。
⒋ バットにcを入れて、3の衣をまぶした手羽元を入れて粉を厚めにまぶしつける。
⒌ 鍋に揚げ油を熱し、170〜180度で3分揚げる。一度取り出し3分置き余熱で火を通す。再び、油に入れて3分、からりとするまで揚げ、油を切る。くし形に切ったレモンを添え、好みで粗挽き黒コショウ、赤唐辛子粉などをふる。
*片栗粉の多い衣なので揚げあがりは白っぽくなります。醤油味の味付けにすれば、茶色く仕上がります。

平野由希子

フランス料理とワインを愛する料理研究家。日本ソムリエ協会認定ソムリエ。2015年にフランス農事功労章を叙勲。近著に「ずっと使ってきた私のベストレシピ  平野由希子のル・クルーゼ料理」「和つまみ 呑ませる料理×合わせたいお酒」がある。instagramは@8yukiko76hirano  料理教室cuisine et vin主宰。http://www.yukikohirano.com
最近一緒に暮らし始めたという猫のクミンの様子は別のInstagramから@cumin_chatnoir

RELATED CONTENTS

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madameFIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。