特別に描かれたアネモネを纏った、ペリエ ジュエの限定ボトル。

Lifestyle 2022.11.08

ペリエ ジュエの象徴とも言えるアネモネのモチーフが、エミール・ガレによってボトルに描かれてから120年という節目を祝して、120周年アニバーサリーをテーマとしたシリーズを展開中。「ペリエ ジュエ ベル エポック」から、特別デザインボトル「ペリエ ジュエ ベル エポック 2013 120thアニバーサリーエディション」が登場した。

221107_b1.jpg

1811年に創立したシャンパーニュメゾン、ペリエ ジュエは、世界で初めてブリュット(辛口)を生み出し、創業から210年間でたった8人のみが最高醸造責任者を務めることで、シャンパーニュづくりの技術・技能と不朽の伝統を継承し、メゾンのスタイルを守ってきた。その味わいと品質は高く評価され、多くの王侯貴族の間で人気となり、現在でも「シャンパーニュの芸術品」と称されている。また、ペリエ ジュエは創立者がこよなく愛した「自然とアート」に重きを置いたブランドとしても知られている。1902年にメゾンは、フランスを代表するアール・ヌーヴォーの旗手であるとともに著名な植物学者でもあったエミール・ガレにボトルデザインを依頼。ガレは、所持していた日本庭園に咲くジャパニーズアネモネ(秋明菊)をモチーフに選び、ボトルに直接その花を描いた。半世紀後、そのモチーフはブランドを象徴するデザインとなり、以来、メゾンの自然とアートへの深いつながりを示すシンボルであり続けている。

この度発売となるアニバーサリーエディションは、メゾンが誇るグランクリュ(特級畑)にあるシャルドネを使った特別なリキュール・ド・ドザージュが最後に加えられることによって、奥行きがあり、ひときわ豊かなフローラル感が特徴のキュヴェとして誕生。さらに絶妙なブレンディングにより、アネモネの花びらを想起させるシルクのようなテクスチャーをつくり出している。ボトルには、ペリエ ジュエと過去数回にわたりコラボレーションを行っているアーティストデュオのミシャー’トラクスラーによって「自然とともに」をテーマに、ボトルのアネモネが新しくデザインされた限定ギフト箱が数量限定で発売中。今回のデザインでは、ペリエ ジュエのシンボルであるアネモネの中でシャンパーニュ地方のブドウ畑にいる70種類もの生き物が色鮮やかに重なり合いながら共生している姿が描かれ、ブランドのフィロソフィーを物語っている。

---fadeinpager---

221107_Bottle.jpg

「ペリエ ジュエ ベル エポック 2013」は、7代目最高醸造責任者であるエルヴェ・デシャンと8代目セヴリーヌ・フレルソンの「4本の手」でつくられたサクセッション(継承)の意味合いを持つ貴重なキュヴェ。そのキュヴェをベースに特別なリキュール・ド・ドザージュを加え、ひときわ豊かなフローラル感とアネモネを想起させるシルクのようなテクスチャーをあわせ持つ。今回のために特別にデザインされたボトルは、テーブルをさらに華やかに彩る美しさ。「ペリエ ジュエ ベル エポック 2013 120thアニバーサリーエディション ギフト箱入り」¥41,613(数量限定発売)

●問い合わせ先:
ペリエ ジュエ公式サイト
www.perrier-jouet.com/ja-jp

text: Natsuko Kadokura

Share:
  • Twitter
  • Facebook
  • Pinterest

BRAND SPECIAL

Ranking

Find More Stories