資産としてモードとして。メネの24金ジュエリーコレクション。

Paris 2022.07.14

「MENE(メネ)」は新しい発想のジュエリーコレクションだ。銀行GoldMoneyの創立者ロイ・セバーグがパブロ・ピカソの孫のディアナ・W・ピカソと共同で2018年に始めたブランドで、彼女はクリエイションディレクターも務めている。7月のオートクチュール週間中、新作も含めてブランドのお披露目をした。

資産としてモードとして。メネの24金ジュエリーコレクション-01.jpg

左: 重さで価格が決まる「MENE(メネ)」の24金ジュエリー。 右: クリエイションディレクターのディアナ・W・ピカソ。photos:Maxance Gautier

何が新しいのかというと、いかにも銀行家のアイデアらしく、投資を考える人を意識した純金のジュエリーコレクションだということ。ヴァンドーム広場のハイジュエラーとは出発点が違うのだ。ジュエリーを販売しているブティックは存在せず。購入はブランドのサイトにおいて。そして、このサイトは販売だけでなく、買取もするのである。またジュエリーの変更も可能だ。売買の金額はその時の金相場と連動している。こう書くと投資者向けでデザインはニの次のジュエリーを想像してしまうのでは? かつて自己のプレタポルテブランドを持っていたサンジョー・ムーンがアーティスティックディレクターで、デザイン的にも身に着けたくなる魅力あるジュエリーなのだ。それゆえだろう、これまでに買取を希望した購入者はほとんどいないという。リミテッドエディションとして、ルイーズ・ブルジョワとのコラボレーションによる蜘蛛のペンダントも。

経済が不安定な時期、不動産やダイヤモンド、あるいは金の延べ棒などの購入が話題になる。メネの24金ジュエリーはファッションとしての楽しみがあり、同時に投資でもあって……とこれまでにないジャンルのジュエリーブランド。なおジュエリーの金額中、金の重さにプラスされるデザイン料や製作費などは20~30パーセントと低めである。

資産としてモードとして。メネの24金ジュエリーコレクション-02.jpg

ネックレス、ブレスレットといったジュエリーに加え、純金のチェスセット、ギフト小物、ルイーズ・ブルジョワとのコラボレーションによるペンダント(写真中)などアイテムは幅広い。photos:(左・右)Mariko Omura、(中)Maxance Gautier

資産としてモードとして。メネの24金ジュエリーコレクション-03.jpg

左からトリニティ・ノット・リング、リネア・リンク・チェーン・ブレスレット、ライラック・リング。購入はオンラインで。

MENE
https://mene.com
Instagram: @mene

editing: Mariko Omura

Share:
  • Twitter
  • Facebook
  • Pinterest

BRAND SPECIAL

Ranking

Find More Stories