Comme d'habitude 〜パリ・東京行ったり来たりblog〜

KASHIYAMA DAIKANYAMAの人気No.1☆

お土産♬

と、夫が手にして帰宅したショッパーは、なんとなく見覚えのある山山マーク。

stW78sy6R1iLgl3bpTmynw.jpgそれは、カフェ、レストラン、バー、カルチャー&アートを発信するギャラリーなどが併設された“KASHIYAMA DAIKANYAMA”のものでした。

レストランは、このブログではお馴染み、SUGALABOの須賀洋介シェフ監修の“ COTEAU.”(コトー)

(関連記事→ https://madamefigaro.jp/paris/blog/keico/post-1228.html

wjbresAwTtO4V%3mUrHeTg.jpg

ズシっと重めなので、お皿とか?と思いきや現れたのは『KASHIYAMA DAIKANYAMA CAFE』の人気No.1デザートという『バスクチーズケーキ』。

カフェの焼き菓子、スイーツはパティシエの成田一世氏監修と聞いていたので以前から食べてみたいと思っていました。

IMG_0271.jpg美味しそ〜♡

やや大きめサイズ、この表面の焦げ目にそそられる。

fullsizeoutput_3d1a.jpg

焦げ目と中心部のとろり食感が特徴というバスクチーズケーキ。

お店のHPによると、

高温で焼きあげたチーズケーキを一晩冷蔵庫で寝かせることで、しっとりとした食感を作り出しています。

冷たいままでももちろん、なめらかな食感をより楽しむため温めて召し上がるのがおすすめ。

IMG_0282.jpg

生地に瀬戸内レモンを混ぜているそう。

と知るとレモンティーも合いそうなので、合わせるドリンクはあれこれ4回楽しんでみようと思います。

まずはコーヒーと。

FOODIE_1600745919.jpg

バスクチーズケーキに関して最近友人達とLINEで、あちこちのバスチー話から食べ方などで盛り上がったのですが、ほんのり温めて食べるのが好き派、常温派、冷やす派と好みが分かれました。

私は基本的には冷やす派。

でも今日は常温で、食後にちょっと残した熟成感のある赤ワイン「ピノ・ノワール」と。

というのも、以前拝見したCさんのブログで本場バスクのバルでは赤ワインと一緒に食すという記事を思い出したから☆

IMG_0419.jpg

確かに赤ワイン合わせもイケる、大人デザートな感覚。

IMG_0416.jpg

ここ最近はバスクチーズケーキを食す機会は多いですが、まだまだ飽きる気配もなく美味しくいただいてます。

*********

パリの1枚。

おはよう、パリ!新しい1週間が爽やかに始まると気分がいい♬

IMG_5946 copy.jpg

☆Belle et Bonne Blogも絶賛更新中です☆
 
<info>
KASHIYAMA DAIKANYAMA
東京都渋谷区代官山町14−18
03-5784-1339
 
 

KEICO

新潟県の旅館に生まれるも女将にならず、上京、進学、就職、まさかの出逢いと結婚。
約10年間のOL生活の後、2004年渡仏。
現在は夫と共にパリ・東京を行ったり来たりな生活中☆


そんな毎日からのグルメ・ファッション・カルチャー・バカンスなどの話題を中心にブログ更新致します。

ARCHIVE

MONTHLY

RELATED CONTENTS

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madameFIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。