Comme d'habitude 〜パリ・東京行ったり来たりblog〜

今年もマリアージュを楽しもう☆

すっかりお気に入りの一軒、チーズ専門店『LAMMAS』(ランマス)六本木店。

(関連記事→ https://madamefigaro.jp/paris/blog/keico/lammas.html

0y9SVBzZQiyehll7sdoymQ.jpg年明け早々のお目当ては、Sさんに教えていただいた青カビチーズ「COLSTON BASSETT」(コルストン バセット)を求めて。

いくつもブルーチーズはあるものの、お目当てのそのチーズはちょうど残念ながら品切れ。

近々入荷予定とのことでした。

IMG_1664.jpg

青カビは次回の楽しみにするとして今回のチーズ選び。

IMG_1663.jpgちょっとずつ3種類買ってみました。

OtDNM%epQwepOwgZ3x22YA.jpg最初に選んだのは、フランスの「LAVORT BREBIS」(ラヴォ・ブルビー)

羊乳のセミハードタイプ。

オーヴェルニュ地方では珍しいチーズで、スペインのイベリコ地方のチーズ型からヒントを得て生産されたものだそう。

オーヴェルニュ地方といえば!な、あの三ツ星レストラン”Maison Troisgros”(メゾン・トロワグロ)のピエール・トロワグロシェフによって見出された逸品。

IMG_1996.jpg

と聞き、選んだ理由は、2012年の初夏にAAご夫妻とのグルメ旅行で食べに行ったMaison Troisgrosを思い出したから。

(関連記事・画像無→ https://madamefigaro.jp/paris/blog/keico/51937115.html

まずは、マヌカハニー添えで。

IMG_1997.jpg

ちょっとキノコっぽい森の香り、そして感じるナッツ類、ヘーゼルナッツの香ばしさ。

急に思い立ったのは、お正月に多めに買って余っていたアレ!

黒豆を添えてみたら、これが驚きのマリアージュ♡

なぜ合うのかわからないけれど、食感的にもセミハードなチーズの食感に柔く炊き上げた黒豆がマッチし、チーズの余韻の長い旨味と塩加減に黒豆の甘味がとてもいい。

IMG_2047.jpgイギリスのシェーブルチーズ(山羊乳)「Ragstone」(ラグストン)

イギリスのチーズはまだまだ食べたことないものばかりなので、出会うたびに新鮮☆

お店の方が、

「このチーズは、かなりのオススメです!今すごく食べごろです。この真ん中みてください」と。

gt%SjvrFQl+MoLdujq0hKQ.jpgその熟成感を感じる断面美に萌えて買いました。

トリュフフレーバーのナッツミックスを添えて。

IMG_1792.jpg夫「これにはウイスキーが合うかもよ?」

K「ウイスキーデビューをした私としては、それは是非トライです!」

K「く〜っ♡イケますね」

IMG_1794.jpg夫「俺のウイスキーコレクション、ガブガブと飲み干さないでね…」

K「年明け早々ケチくさいこと言わないでよね〜。減るもんじゃあるまいし」

夫「減ってるよ!!モロに減るもんだろ!!」

PRrLxiXbSMW6PmjVsKOaBw.jpg

3つ目の24カ月熟成のコンテチーズは、まだ食べていないのですが、何を合わせよう?どのお酒でいただこうと?とそのマリアージュが楽しみ♬

***********

パリの1枚。

バゲットにバター、ハム&チーズを挟んだだけお昼の簡単サンドイッチにも1杯のワインが添えられると気持ちは上がる♬

IMG_6828 copy.jpg

☆Belle et Bonne Blogを絶賛更新中☆
 
 
 
<info>
LAMMAS(ランマス) 六本木ヒルズ店
東京都港区六本木6丁目12−1 ヒルズレジデンスA 1階
 
 

KEICO

新潟県の旅館に生まれるも女将にならず、上京、進学、就職、まさかの出逢いと結婚。
約10年間のOL生活の後、2004年渡仏。
現在は夫と共にパリ・東京を行ったり来たりな生活中☆


そんな毎日からのグルメ・ファッション・カルチャー・バカンスなどの話題を中心にブログ更新致します。

ARCHIVE

MONTHLY

BRAND SPECIAL

Ranking

Find More Stories