Comme d'habitude 〜パリ・東京行ったり来たりblog〜

鰻處 黒長堂☆

パリの2枚。

ゴローンと大の字で天井を仰ぐ。

IMG_7765.jpg

ルーヴル美術館の彫刻部門で、ほんの一瞬誰もいなかった瞬間に寝そべったらとても気持ちよかった…!

IMG_7766.jpg

********

もうすぐパリ♬

なのにあまりその実感がなく、スーツケースは用意したものの一向に荷造りは進みません…。

そのくせパリに行く前にあれ食べておこう、これも食べておこうと相変わらず食意地は張ってます。

夫「美味しい鰻、食っておこう!!」

K「いーね!いつもの藤田?吉川?三田の宮川も美味しそうだよ。」

夫「予約済みです♡前から気になってた関西風のお店をねっ!」

LSY3h6TuSeSk4L6h41Fc3A.jpg

なかなか普段食すことのない「関西風」鰻ということで、とても楽しみ出かけたのは六本木ヒルズ5階にある『鰻處 黒長堂』。

(関連ブログ→ https://madamefigaro.jp/paris/blog/keico/post-514.html

案内されたカウンター席の前には、ニョロニョロと泳ぐ鰻たち!

IMG_1262.jpg

こんなにまじまじと至近距離で見るのは初めてでしたが、鰻って黒というよりグレーっぽく、ヒレ?がちょっと半透明でとても綺麗。

目は小さくて可愛いし♡と思った、その直後にズバッ!

IMG_1261.jpg

生きたままの鰻がザクザク、ピシピシッと手際よくさばかれる様子に目は釘付けになりました。

IMG_1260.jpg

養鰻場から直接仕入れる鰻をこの道38年の職人が丁寧に焼き上げるという、まさに職人技は見てて飽きません。

蒸さずに”地焼き“することで、皮は香ばしく、身はふっくらしながらもしっかり歯ごたえも感じられる関西風鰻。

いただいたのは、本日のスペシャルな天然鰻と養殖鰻の食べ比べうな重☆

IMG_1264.jpg

食べ比べてみると確かに別物。

そしてどちらも美味しい!

私にはどちらが美味しいとは言い切れず、これはやはり個人の趣味嗜好次第。

天然は弾力、歯ごたえが強く、臭みはほとんどないもののそれでも養殖と比較するとワイルド(ほんのわずかな泥っぽさ。それが本来の鰻らしさ?)があるのに対して、養殖はどこまで綺麗で上品な美味しさという印象でした。

IMG_1265.jpg

自家製練り山椒も香りが抜群。

無論タレのしみたご飯も美味しく、最後の一粒まで美味しくいただきました。

MXpNKpGIRF+9nR64W3EQJA.jpg

大感激の関西風鰻「黒長堂」でした。

☆引き続き “Belle et Bonne Blog”も絶賛更新中☆
 
 
<info>
黒長堂 六本木ヒルズ店
東京都港区六本木6丁目10−1 六本木ヒルズ ウエストウォーク5F
03-3478-5445
 

KEICO

新潟県の旅館に生まれるも女将にならず、上京、進学、就職、まさかの出逢いと結婚。 約10年間のOL生活の後、2004年渡仏。 現在は夫と共にパリ・東京を行ったり来たりな生活中☆

そんな毎日からのグルメ・ファッション・カルチャー・バカンスなどの話題を中心にブログ更新致します。

ARCHIVE

MONTHLY

RELATED CONTENTS

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。