ビールのおつまみに!タイム風味のインゲンの素揚げ。

朝7時。枕元で携帯が鳴り響いているので、半分眠ったまま応答すると「畑のインゲンが大量に採れたよ。今マンションの下にいるから、取りにきて」と言われ、ベランダから寝ぼけまなこで下を見ると、爽やかな笑顔の友人が、大きく手を振っていました。

いただいたインゲンをお昼に早速調理。ガーリックとタイムで香りを出したオイルで、インゲンを1分ほど素揚げし、お塩をパラパラとかけてみました。

インゲンを揚げると、緑色が色濃く出て、キラキラと艶っぽい仕上がりになります。茹でるより、揚げた方が調理時間が短かくて済むので、栄養価も高く青臭さもありません。甘みも歯ごたえもあって最高! ビールのおつまみとしても合いそうです。

1707-02-homeparty-01.jpg

★インゲンの素揚げ・ガーリック&タイム風味★

【材料】
インゲン   1束
ニンニク(小)  1片(包丁の背でつぶす)
タイム   1枝
塩   適量
オリーブオイル  適量

【作り方】

  1. インゲンを洗い、キッチンペーパーでしっかり水気を取っておく。両端のヘタをカットする。
  2. フライパンに、インゲンが2/3かぶる程度のオリーブオイルをひく。
  3. 2に包丁の背で潰したニンニクとタイムの枝を入れ弱火にかける。香りが出てきたら、ニンニクとタイムを取り出す。中火にし、160度でインゲンを1分ほど素揚げする。
  4. インゲンを取り出し、油を切る。熱いうちに塩をかけて完成。

Nao Aoumi
パーティ料理研究家
フランス独立記念日と同じ7月14日生まれ。「きっとフランスに縁があるのよ」と両親にいわれ続け、大学では仏語を専攻。フランス留学、仏系証券会社勤務、南仏でのレストラン研修‥と、フランスと関わる人生を歩む。2019よりボルドーを拠点に活動。各メディアにレシピを提供する傍ら、マルシェやワイナリー巡りなど、食の探求を欠かさない。ワインエキスパート、チーズプロフェッショナル資格取得。
BRUNCH : https://brunch-nao.amebaownd.com

Share:
  • Twitter
  • Facebook
  • Pinterest

BRAND SPECIAL

Ranking

Find More Stories