クリエイターの言葉 BTSのVや星野源とのコラボも話題! シンガーソングライターのウミとは?

インタビュー 2024.05.02

音楽を心から愛すると、どんな世界とも繋がれる。

ウミ|シンガーソングライター

昨年は、サマーソニックのステージにて星野源とのセッションを展開、またV of BTSとのコラボ曲「wherever u r (feat V of BTS)」が世界のチャート上位を席巻するなどで、話題を呼んだUMI。

「どちらの共演も、ソーシャルメディアで私の楽曲に対する投稿をしていただいたのがきっかけで、実現したものです。星野さんとは、日本に来る機会があれば一緒にごはんを食べましょうというお話からスタート。Vさんとも、ダメもとで『今度一緒に楽曲を作りませんか?』と送信したところ快諾の返信をいただき、実現しました。どちらも、ナチュラルに音楽が大好きな方で、それだからこそ実現できた共演だったのではないかと思っています。音楽を心から愛していたら、どんな世界とも繋がれるのではないのでしょうか」

今年1月には最新EP『talking to the wind』をリリース。テーマなど、あまり考えすぎずに、自身のいまをありのまま閉じ込めることにフォーカスした作品だという。

「私は、すぐに深く考えすぎてしまうタイプ(笑)。そういう瞬間は外に出て風にあたるようにしています。すると、混乱していた頭の中で少しずつ、やるべきことがクリアになっていくのがわかる。みなさんにも、風のエネルギーを音楽を通じて感じてもらえたらいいと思いながら制作した楽曲になります」

240330-creator-04.jpg
全4曲を収録した最新EP。R&Bやソウルをベースにしたアコースティックサウンドを中心にした構成で、ナチュラルなライフスタイルがうかがえる楽曲揃い。特に「happy im」では、日本語の歌詞も駆使して、彼女の心模様を繊細に表現している。3月20日にリリースされた国内盤には、この楽曲のアコースティックバージョンも収録。●『talking to the wind』ソニー・ミュージックレーベルズ¥3,500

---fadeinpager---

アコースティックのシンプルな音色にのせ、自然と対峙すること、自分自身と丁寧に向き合うことの大切さを、ソフトで語りかけるようなボーカルで伝えている。

「私が聴いていて心地がいいと思う声は、決して完璧な表現力を持っているものではなくて。間違いがあったとしても、その楽曲にある雰囲気、思いがきちんと伝わるようなボーカルに心を奪われる。だから、私も意図的に声を張ったりすることなく、楽曲の持つエネルギーに導かれるがままに表現するようにしています」

今後もありのままの姿勢で音楽を追求したいと語る。

「音楽には、どんな寂しさも哀しみも救ってくれるパワーがある。その気持ちをみなさんとシェアできたら。また、いまはR&Bとアコースティックを融合させた音が中心ですが、これからはもっと自由な表現をしたい。私の音楽はいろんなものがミックスされて生まれているものなので。だから、今後はもっと違う角度から、自分を表現していきたい。ロックもありなのかもしれないです(笑)」

現在はアルバムに向けて楽曲を制作中。そこでは、さらなる自由な感性を駆使し、我々の心を揺さぶる航海の旅へ誘うはずだ。

240330-creator-03.jpg

UMI/ウミ
1999年、日本人の母親とアメリカ人の父親のもとアメリカ・シアトルで生まれる。2022年にデビューアルバムを発表。4月2日恵比寿リキッドルームを皮切りに自身初のジャパンツアーを敢行した。

*「フィガロジャポン」2024年5月号より抜粋

text: Takahisa Matsunaga

Share:
  • Twitter
  • Facebook
  • Pinterest

世界は愉快
フィガロワインクラブ
Business with Attitude
パリとバレエとオペラ座と
BRAND SPECIAL
Ranking
Find More Stories