未来の乳がん検査の選択肢を知るオンラインセミナー。

Society & Business 2024.01.30

「心地いい乳がん検査」の機会を提供し、がんの発見遅れゼロを目指して活動する100(ワンダブルオー)代表の山上博子さん。Business with Attitude 2023 Pitch Contest ファイナリストでもある彼女は、昨年、6種類の乳がん検査を受診したという。その経験をもとに、未来の乳がん検査の選択肢、それぞれの選択肢のメリット、デメリットについて語るセミナーを2月12日19:00〜、オンラインで開催する。

HirokoYamakami_MRE4709.jpeg

100代表でBWA Pitch Contest 2023 ファイナリストでもある山上博子。祖母をがんで亡くしたことをきっかけに、がんで志が閉ざされる状況をひとつでも減らしたいという思いを抱く。製薬企業に長年従事し、2023年、「がん検査の民主化」を目指す株式会社100を起業。

日本人女性の9人に1人がなると言われている乳がん。早期発見により治療できる可能性は十分にあるものの、乳房を機械で挟むマンモグラフィーや超音波検査などに抵抗を感じる女性は少なくない。

女性の乳がん検査の受診率を上げたいと活動する山上さんは、この状況を変えたいと、痛くない乳がん検査機器はじめ、さまざまな乳がん検査6種類を体験。セミナーでは、それぞれのメリット、デメリットを独自の切り口で紹介する。

【関連記事】乳がんと闘わない世界を作りたい。

「痛い、被ばくする、胸を見られるのが嫌など、さまざまな理由で乳がん検査を断念している人も少なくない。そんな人に新しい選択肢を知る機会を届けたい」という山上さん。彼女と一緒に、新しい乳がん検査の選択肢を探してみては?

『6種類の乳がん検査を実体験! ~未来の乳がん検査の受け方は劇的に変わる?』
開催日時:2024年2月12日(月)19:00〜20:00
開催方法:Zoom (視聴チケットの購入が必要)
参加費:一般早割:2000円(先着20名)、一般:3000円、社会人学生:1000円、学生:無料 *各参加人数に制限あり
イベント詳細、チケット購入:https://peatix.com/event/3827444

photography: Mirei Sakaki

Share:
  • Twitter
  • Facebook
  • Pinterest

BRAND SPECIAL

Ranking

Find More Stories